People / Post

トランスジェンダーモデルのテディ・クインリヴァン、シャネルの顔に

©Bang Media International
©Bang Media International

テディ・クインリヴァン(Teddy Quinlivan)が、シャネルの新ビューティーラインの顔に選ばれた。トランスジェンダーモデルの採用は同ブランドにとって初となる。

キャンペーン動画の一部をインスタグラムに投稿し、テディはこう綴っている。


「悲しい出来事で泣くことはもうないけど、何かを達成した時には涙が流れたりもする。今回のことが私にとってのそれ。自分の人生はずっと闘いだった。学校では執拗にいじめられ、周りの子供たちは私を殺すと脅し、その殺し方について詳細に語った。自分の父親は私に暴力をふるい、『おかま』と罵られもした。仕事で性的暴行を受けたことを公にした時は業界から悪い噂も立った。でもそういった酷い出来事全ても今回の勝利で帳消し」

そんなテディは既に、同ブランドを始めルイ・ヴィトン、グッチなどのショーでランウェイを歩いた経験があるが、まだトランスジェンダーであることを公言する前の時代のものだ。そのカミングアウトを2017年にテディは果たすも、未だ世界で最も需要のあるモデルの1人であり、ミルクメイクアップ、レッドケン、メゾンマルジェラ・フレグランスといったブランドのキャンペーンの顔も務めてきた。

テディはインスタグラムにこう続ける。

「まだこっそりと生きていた時代、自分のトランスジェンダーとしてのアイデンティティを公にしていない時代にシャネルのショーには2度参加した。カミングアウトをした後、いくつかのブランドとの仕事は無くなるって思っていたし、シャネルのようなアイコニックなブランドと仕事出来る日はもう来ないだろうと思っていた。でも今、シャネル・ビューティーの広告塔になる。私はシャネルと仕事をする初めての公のトランスジェンダーの人間、自分のコミュニティを代表することへ本当に恐縮と誇りでいっぱい」

 

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

ec

December 2019 N°132

2019.10.28発売

Good to Know

いいね! がつなぐ未来

オンライン書店で購入する