People / Post

『グリース』の新作映画が進行中!

©Bang Media International
©Bang Media International

『グリース』(Grease)の新作映画が企画中のようだ。

ジョン・トラボルタ演じるダニーとオリヴィア・ニュートン・ジョン演じるサンディが、思いがけなく高校で再会する前のひと夏の恋を描いた1978年公開のオリジナル版の前日譚となる作品が、映画化に向けて動き出しているという。

ザ・ハリウッド・レポーターによると、『サマー・ラビング』という仮題が付けられた本作では、パラマウント・プレイヤーズの下、映画『チャーリーズ・エンジェル』や『チャーリーとチョコレート工場』のジョン・オーガストが脚本を執筆する。また『Love, サイモン 17歳の告白』や『ファースト・マン』、「メイズ・ランナー」シリーズなどに携わったテンプル・ヒルが、ライオンズゲートのエリック・フェイグの所有する製作会社ピクチャースタートと共に製作を担う。

前作同様にミュージカル映画となるのか、オリジナルキャストが再出演するかどうかなどは現段階では不明なものの、ダニーとサンディのひと夏の恋に焦点を当てた物語になるようで、前作の挿入歌『想い出のサマー・ナイツ』の歌詞で触れられたような様々な物語が展開すると見られている。

1982年にはミシェル・ファイファー主演の続編が製作されたものの、オリヴィアとジョンが降板するなど前作ほどのヒットは飛ばせなかった。

 

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

June 2019 N°127

2019.4.26発売

Life is a Beach!

海と太陽と女たち

オンライン書店で購入する