Art / Post

“ユーモア”の魅力に迫る!「ユーモアてん。」が開催中

会場風景(ギャラリー1)
会場風景(ギャラリー1)

第一線で活躍するアートディレクター・浅葉克己のディレクションによる展覧会「ユーモアてん。/SENSE OF HUMOR」が、東京・赤坂の21_21 DESIGN SIGHTにて開催中。会期中はイベントも盛りだくさん。6月30日(日)まで。

世界中を旅しながら、各地でさまざまな人々やものたちに出会ってきた、アートディレクターの浅葉克己。本展は、その活動のインスピレーションのもととなっている資料やファウンド・オブジェ、さらに浅葉がそのセンスにシンパシーを感じているというデザイナーやアーティストの作品を一堂に集めた展覧会だ。

浅葉克己ポートレート
浅葉克己ポートレート

会場では、世界各地で集められたものや身の回りのもののほか、資生堂パーラーや同社PR誌「花椿」のデザインで知られる仲條正義や、人形作家の四谷シモンなど数々の著名人たちの作品が、交錯するように紹介。すべてのもの・作品に共通するのは「ユーモア」だという。

会場風景(ギャラリー2)
会場風景(ギャラリー2)

「『ユーモア』はコミュニケーションの本質だ」という浅葉克己。国や時代、認められている価値の有無など、一つとして同じもののない「ユーモア」の姿をさまざまな角度から見て、考えてみては?

ディーン・プール『Fingers』2018年
ディーン・プール『Fingers』2018年

なお会期中、21_21 DESIGN SIGHT SHOPでは、3組のユーモアあふれる商品を期間限定のリレー形式のポップアップストアにて販売。鹿目尚志(鹿目デザイン事務所)によるペーパーモールドや、プロダクトデザイナーの清水久和(S&O DESIGN)による「Marine」シリーズ、セラミックレーベルのSHOKKIによるセラミックと、そのラインナップも豊富だ。

さらに3月30日(土)、31日(日)の2日間は、銀座ソニーパークにて開催される「TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition」との連動企画も開催。これまでの企画展カタログや、オリジナルグッズを販売予定。こちらも合わせて注目を!

「ユーモアてん。/SENSE OF HUMOR」
会期/2019年3月15日(金)〜6月30日(日)
会場/21_21 DESIGN SIGHTギャラリー1&2
住所/東京都港区赤坂9-7-6
時間/10:00〜19:00(入場は18:30まで)
   ※六本木アートナイト特別開館時間5月25日(土)は10:00 〜23:30(入場は23:00まで)
休館/火曜※4月30日は開館
料金/一般¥1,100 大学生¥800 高校生¥500
TEL/03-3475-2121
URL/www.2121designsight.jp/

Text:Akane Naniwa

Recommended Post

Magazine

H1_通常版ec

May 2021 N°146

2021.3.27発売

Love Thy Self

自分とともに生きていく

オンライン書店で購入する