Art / Post

テクノロジー×アートの祭典「MAT」が開催中!

「蚕」と「動物」をコンセプトにしたバイオアート作品 ANOTHER FARM(尾崎ヒロミ×串野真也)『Modified Paradise "Dress“』
「蚕」と「動物」をコンセプトにしたバイオアート作品 ANOTHER FARM(尾崎ヒロミ×串野真也)『Modified Paradise "Dress“』

ライゾマティクスアーキテクチャー、チームラボ、落合陽一からポケモンまで、テクノロジーカルチャーの祭典「Media Ambition Tokyo(メディア アンビション トウキョウ/MAT)」が今年もスタート!! 六本木を中心に都内各所にて、2019年2月23日(土)〜3月3日(日)までの9日間開催!

テクノロジーの可能性を東京から世界へ提示する、年に1度の祭典「Media Ambition Tokyo」。最先端のアートや映像、音楽、パフォーマンスなど、領域を横断した革新的な表現と体験で、毎年見る者を驚かせている。

iSpaceによる『HAKUTO-R』
iSpaceによる『HAKUTO-R』

2020年を目前にして迎えた 7回目のMATは、Rhizomatiks Architecture(ライゾマティクスアーキテクチャー)やteamLab(チームラボ)、落合陽一などおなじみのアーティストたちによる新作が目白押し。

特に注目したいのは、世界的大ヒットを記録した人気ゲームアプリ『Pokémon GO(ポケモン ゴー)』を手がけたNiantic(ナイアンティック)と「ポケモン」のコラボ作品。 AR(拡張現実感)技術によって現れる等身大の人気ポケモンたちが、六本木ヒルズ展望台で来場者をお出迎え。

郷土玩具「こけし」にWOWがもつ表現技術や解釈を加えた『YADORU』
郷土玩具「こけし」にWOWがもつ表現技術や解釈を加えた『YADORU』

Groove Xによる 『LOVOT』 
Groove Xによる 『LOVOT』 

ほかにも、WOWやPARTYなど、第一線で活躍するクリエイティブ集団や、次世代民間宇宙企業ispace(アイスペース)が初出展。さらに、GROOVE Xから発表された癒し系ロボット「LOVOT(ラボット)」も登場予定で、今年も盛りだくさんの内容に。

「デジタル・ショック」より、Yannick Jacquet(ヤニック・ジャケ)『組曲(Suite)』
「デジタル・ショック」より、Yannick Jacquet(ヤニック・ジャケ)『組曲(Suite)』

また、アンスティチュ・フランセ日本が同時開催する、メディアアートのフェスティバル「デジタル・ショック」にも注目したい。メディアアートからビデオゲーム産業、アニメーション映画やエレクトロニック、ミュージックに至るまで、デジタル・ニューテクノロジーの影響を受けた若いクリエイターを紹介。昨年開催された第7回「デジタル・ショック」には10万人近くが来場している。

「Media Ambition Tokyo 2019」の会場は、六本木を中心に、渋谷、代官山、銀座など、都内各所で開催。 くわしくは、公式サイトでチェック!

Media Ambition Tokyo 2019
会期/2019年2月23日(土)〜3月3日(日)
※会場ごとの展示内容や開場時間など、くわしくは公式サイトを参照。開催期間は会場によって異なります。
URL/mediaambitiontokyo.jp/

Text : Manami Abe

Recommended Post

Magazine

July / August 2019 N°128

2019.5.28発売

So Animalistic!

動物たちのいるところ

オンライン書店で購入する