Art / Post

日本初!マイケル・ケンナの回顧写真展が東京都写真美術館にて開催中

『White Bird Flying, Paris, France.』 (2007)  © Michael Kenna / RAM
『White Bird Flying, Paris, France.』 (2007)  © Michael Kenna / RAM

世界屈指の風景写真家マイケル・ケンナ(Michael Kenna)の日本初の回顧展「A 45 YEAR ODYSSEY 1973-2018」が東京都写真美術館にて、2019年1月27日(日)まで開催されている。

伝統的な技法・構成によって表現される独自の美意識で、写真ファンのみならず名だたる写真家たちをも魅了し続けている風景写真家、マイケル・ケンナ。彼の作品は世界中の著名な美術館に収蔵され、これまでに開催された個展は約450回、出版された写真集は約70タイトルにのぼる。光と大気の微妙な変化を焼きつけるケンナの作風は時に異次元空間を思わせ、クラシカルでロマンティックな叙情に満ちている。

『Kussharo Lake Tree, Study 2, Kotan, Hokkaido, Japan.』 (2005)  © Michael Kenna / RAM
『Kussharo Lake Tree, Study 2, Kotan, Hokkaido, Japan.』 (2005)  © Michael Kenna / RAM

『Mont St. Michel, France.』 (1991) )  © Michael Kenna / RAM
『Mont St. Michel, France.』 (1991) )  © Michael Kenna / RAM

『Taushubetsu Bridge, Nukabira, Hokkaido, Japan.』 (2008)  © Michael Kenna / RAM
『Taushubetsu Bridge, Nukabira, Hokkaido, Japan.』 (2008)  © Michael Kenna / RAM

日本で初めての回顧展となる本展では、45年にわたるケンナの活動のなかから、選りすぐりの代表作が展示される。全169点のオリジナルプリントによって構成される本展示では、美しい風景写真だけでなく、ナチスドイツの強制収容所跡を約12年かけて撮影した連作『Impossible to Forget』や、日本の古い家屋で撮影された「人物」 のヌード作品など、日本初公開作品も多数公開される。

ケンナの作家活動45年の集大成となる本展「A 45 YEAR ODYSSEY 1973-2018」。ぜひ、お見逃しなく!

マイケル・ケンナ写真展 A 45 YEAR ODYSSEY 1973-2018

会期/2018年12月1日(土)〜2019年1月27日(日)
会場/東京都写真美術館 地下1階展示室
住所/東京都目黒区三田1丁目13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
入場料/一般 1000円、学生 800円、中高生・65歳以上 600円
時間/10:00〜18:00(木・金曜日は20:00まで
休館日/月曜日
※12月24日(月・振休)、1月14日(月・祝)は開館。12月25日(火)、1月15日(火)は休館。
※<年末年始>12月29日(土)〜1月1日(火・祝)は休館。1月2日(水)、3日(木)は開館(11:00〜18:00)。12月28日(金)、1月4日(金)は開館(10:00〜18:00)。
TEL/03-6805-5280(展覧会のお問い合わせ)
URL/www.artunlimited.co.jp/mk45-year-odyssey/

Text : Manami Abe

Recommended Post

Magazine

July / August 2019 N°128

2019.5.28発売

So Animalistic!

動物たちのいるところ

オンライン書店で購入する