933
Culture Post

アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピット、親権評価が始まる

©Bang Media International
©Bang Media International

アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)とブラッド・ピット(Brad Pitt)の親権評価が始まったそうだ。

6人の子供を持つ2人は離婚手続きの次のステップとして、子供たちの親権について話し合いを始めたところのようだ。

ピープル誌によると、今月12日に提出された裁判所文書の中で評価者として任命されたことが判明したスタン・カッツ博士が先週から評価作業に入ったという。

一方で最近ローラ・ワッサーからサマンサ・ブレイ・デジャンに担当弁護士を変更したアンジェリーナは、2016年9月に破局したブラッドとの離婚に関する法廷闘争中の家族のケアを優先したいようで、「アンジェリーナはサマンサにこの件を任せることに決めました。1か月前からサマンサに主導権を渡しており、それ以来この案件はサマンサの手に委ねられています。アンジェリーナはサマンサの助言に頼るようになっており、彼女が主導権を握るのがベストだと考えたようです。さらにアンジェリーナは家族のケアに集中しています。ブラッドと子供たちの関係の修復をサポートし続けているようです」と関係者がコメントしている。

そんな2人だが、以前子供の親権について一時的な合意に至ったようで、別の関係者は「2人の親権評価者によって提案されたこの暫定措置には、双方が合意しています」と話しており、予定されていた審問についても必要がなくなったという。

最新のセレブニュースはこちら

Recomended Post