760
Culture Post

リアーナのドキュメンタリー映画、近日公開

©Bang Media International
©Bang Media International

リアーナ(Rihanna)のドキュメンタリー映画が今秋公開される予定だ。

監督のピーター・バーグは2012年の『バトルシップ』でリアーナに初めて大きな役を与えたことでも知られていて、同ドキュメンタリーはピーター曰く、リアーナの様々な面を包括するものだという。

「彼女は類まれなる若き女性で、(今回のドキュメンタリーは)彼女たらしめるこの才能を形成する様々な側面を映している。職業倫理、その才能、運、エネルギー、展望といった具合に。本当に興味深い女性なんだ。1か月半ぐらいで映画が出来上がって、2か月後には公開が始まる予定だ」とスラッシュフィルムにピーターは語る。

同新作は遡ること2015年に初めてその詳細が発表されていた。当初そのドキュメンタリーは「フィルターなしのリアーナの人生、世界のアイコンに駆け上ったその軌跡」についてのもので、音楽映画ではなく彼女の人物像を深く掘り下げ、1963年のD・A・ベネベイカー監督によるボブ・ディランのドキュメンタリー『ドント・ルック・バック』を参考にしているとされていた。

badgalririさん(@badgalriri)がシェアした投稿

また今年の4月にはリアーナが2枚組のアルバムを準備中と関係者が話していた。「リアーナは前作の出来には納得こそすれ、売れ行きには満足していません。2作続けての売れ行き不調を回避するためにも、新作はヒット曲目白押しにしなくてはいけないと理解しています」「現在2枚のアルバムをレコーディング中です。1つはチャート席巻用のヒット曲で、もう1つはムーディーで実験的な曲が並んでいますね。同じアルバムとして調和しない場合は2枚別々に出すことも考えているようです」

最新のセレブニュースはこちら

Photo: bangshowbiz

Recomended Post