671
Culture Post

ヴァネッサ・ハジェンズ、単になまけて仕事を拒否?

©Bang Media International
©Bang Media International

ヴァネッサ・ハジェンズ(Vanessa Hudgens)はかつて、だらけていたことで出演依頼を断っていたそうだ。

『ハイスクール・ミュージカル』出演をきっかけに、10代にして一躍スターの仲間入りを果たしたヴァネッサだったが、「固定概念を持たれたくない」という理由で断ったオファーのいくつかは、実は自身の怠慢によるものだったと後に気づいたという。

コスモポリタン誌とのインタビューで若い頃の自分に対するアドバイスを求められたヴァネッサは、「仕事を恐れないこと。幼いころはノーと言うほうがラクだし、イメージを固定されたくなかった。でも断った一部の仕事には、たぶん私が働きたくなかっただけだったものもあると思うの。子供らしく、ダラダラして、責任を持ちたくなかった。でも結局のところ、今の自分を形成するに至った全ての自分の選択に感謝してる」と語った。

現在はより仕事への意欲に満ちているそうで、恐れ知らずのアクションヒーローを演じてみたいとして「キャットウーマンみたいに、2面性を持つキャラクターが演じてみたいわ。世間からはおとなしくて臆病者と思われているけど、実はすごく強くて何か魔法の力を持っている恐れ知らずのアクションヒーローっていうね。何かダークで謎めいた2面性を持ったキャラクターが良いわ」と理想の役柄について話した。

最新のセレブニュースはこちら

Photo: bangshowbiz

Recomended Post