585
Culture Post

ゼンデイヤ、女優としての伸び悩みの苦難を明かす

©Bang Media International
©Bang Media International

ゼンデイヤ(Zendaya)がディズニー・チャンネル時代の後半に停滞気味であったことを明かした。

子供向けの同局でベラ・ソーンと共演した『シェキラ!』や『ティーン・スパイ K.C』の主演を務めていたゼンデイヤだが、今年の最終回を迎えた頃にはテレビスターとしての自分に伸び悩みを感じていたのだという。

Zendayaさん(@zendaya)がシェアした投稿

「間違いなく変化ではあったわ。特に私はディズニーという全く異なる世界の出身だから。テレビ番組に常に出演してきて、伸び悩みを感じてた。それがなくなってからは、私は1人の女優として見てもらえるようになったし、自分に挑戦を課すようなものや鼓舞されるようなものをやるようになった」

ディズニー卒業後は、『スパイダーマン ホームカミング』と『グレイテスト・ショーマン』というヒット作に立て続けに出演しているゼンデイヤは、常に新たな世界を切り開くような役を演じようとしていると言い、「心地良い場所が住むのに最適な場所だとは限らないと思うの。自分の出たい映画や製作したい作品を決めることに興奮するわ。幸せな気分にしてくれることをやるという力を実感しているの」と続けた。

Zendayaさん(@zendaya)がシェアした投稿

その一方でプレッシャーも感じているようで、特に黒人女優としてより一層の努力が必要とされると感じていると話した。「白人の仲間たちがなんとかやり過ごせることが、私もできるというわけじゃないの。それはすごく幼いころから分かってた。それが事実なの。だから大好きなこの仕事を失うんじゃないかって、ミスを犯すことを恐れたりもする。私には失敗する余裕が与えられていないから、どんなことでも危険を冒したくないの」

最新のセレブニュースはこちら

Photo: bangshowbiz

Recomended Post