514
Culture Art

ラフ・シモンズが敬愛するスターリング・ルビーの新作展

「VERT. BUSH DAI DAI」(2018) photo by Robert Wedemeyer. Courtesy Sterling Ruby Studio.
「VERT. BUSH DAI DAI」(2018) photo by Robert Wedemeyer. Courtesy Sterling Ruby Studio.

ロサンゼルスを拠点に活動する現代アーティスト、スターリング・ルビーの個展が開催されている。 タカ・イシイギャラリー東京にて4月21日(土)まで。

Text : Manami Abe

ラフ・シモンズが信頼を寄せる現代アーティスト、スターリング・ルビー。昨年リニューアルオープンした「カルバン・クライン」のマディソン・アヴェニュー旗艦店(ニューヨーク)の内装を手がけたことでも注目を集めており、同ブランドの本社ショールームも手がけている。

スターリング・ルビーは1972年生まれ。光沢のあるポリウレタンやブロンズ、鋼鉄を用いた立体作品、ドローイングやコラージュ、陶器、油彩画、さらには布作品まで、さまざまな素材や技法を駆使した作品で知られている。

「VERT. PROUN (6606)」(2018) photo by Robert Wedemeyer. Courtesy Sterling Ruby Studio.
「VERT. PROUN (6606)」(2018) photo by Robert Wedemeyer. Courtesy Sterling Ruby Studio.

タカ・イシイギャラリー東京で3度目となる今回の個展では、新作のペインティング作品を展示。CRSS(cross=十字、横切る)、WIDW(window=窓)、VERT(vertical=垂直)などの略語を含むタイトルがつけられた作品は、ドイツの詩人、ゲオルク・ハイムによる詩『人生の影』にインスピレーションを受けて描かれたもの。赤とオレンジと黄色、セルリアン・ブルーと緑と茶といった感情をかきたてる不調和な配色が、冷たい白あるいは焦げたような黒の背景と組み合わされている。ボール紙や帯状の布からなるコラージュの上に残る指紋、激しい動作を感じる筆跡、厚く盛り上がった絵の具使いを、ぜひ会場で感じてみたい。

スターリング・ルビー「VERT」
会期/2018年3月23日(金)〜4月21日(土)
会場/タカ・イシイギャラリー 東京
住所/東京都港区六本木6-5-24 3F
入場料/無料
時間/11:00〜19:00
休廊日/日・月・祝日
URL/www.takaishiigallery.com/jp/

いいね!

Recommended Post