949
Culture Art

愛猫家の代表!? 画家・猪熊弦一郎が描く「猫たち」展

無断転載禁止
無断転載禁止

現在発売中の「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」2018年4月号では、クリエイターがメロメロ♡な愛猫との暮らしを紹介中。同じく無類の猫好きだったという画家・猪熊弦一郎の展覧会が、東京渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催中。テーマはもちろん「猫」!

百花繚乱な昭和の画壇で、常に独自の境地を維持し、極めて個性的な作品を残した画家、猪熊弦一郎。「いちどに1ダースの猫を飼っていた」というほど、無類の猫好きとしても知られ、猫をモチーフにした作品も多く残されている。それも写実的なスケッチから、シンプルな線描、油彩画など、表現もまたさまざま。


無断転載禁止

故郷の香川県にある丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で2015年に開催された「猫達」展が、パワーアップして東京渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムに登場。
本展で紹介される作品は、なんとその数、百数十点に及ぶのだとか。猫以外の主題の作品も若干加えられ、猪熊の奥深い芸術世界に触れるきっかけとなる内容だ。猫好きの人も、そうじゃない人も、芸術と猫の深い関係に魅了されるはず!

「猪熊弦一郎展 猫たち」
会期/2018年3月20日(火)〜4月18日(水)
場所/Bunkamura ザ・ミュージアム
住所/東京都渋谷区道玄坂2-24-1
時間/月〜木曜日・日曜日10:00〜18:00(入館は〜17:30)金・土曜日10:00〜21:00(入館は〜20:30)
入館料/一般1,300円(1,100円)、大学・高校生900円(700円)、中学・小学生600円(400円)※( )内は団体料金。団体は20名様以上。要予約(申込先:Bunkamura 03-3477-9413)
TEL/03-5777-8600(ハローダイヤル)
URL/www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/18_inokuma/

Text:Akane Naniwa

Recomended Post