003
Culture Editor's Post

小誌でもお馴染み、ファッションフォトグラファーYASUNARI KIKUMA、初の個展「Plain」開催

yasunari kikuma
yasunari kikuma

普段は風景写真を撮影しないKIKUMA氏が、昨年8月に惜しくも閉館した「二期倶楽部」に通いながら撮りだめていた「二期の森」のポートレート写真。「 二期の森は、創業者である二期リゾート社長・北山ひとみ氏が育てた人工的な環境だそうで、それは「ピュア」でも「ネイチャー」でもなく「Plain」と呼ぶのが一番しっくりくるように思います。森の中は、現代社会で生きることに疲れた自分をリセットしてくれる、癒しの力に満ちていました。」とKIKUMA氏。。人に見せるためではなく私的な視点で撮りだめていた風景写真の数々は、見るものをもまた、癒しの空間へと誘ってくれる。


 

生命が生まれ、育まれ、朽ち、再び生まれるという1年の四季をファインダーにおさめてはるが、展示期間にギャラリー近くの千鳥ヶ淵の桜が満開になるころだということで、あえて桜(=春)の写真は外したそうです。
開催期間中は、リミテッドエディションプリントの作品の販売もされるそうで、失われてしまったかけがえのない風景の写真を味わいに、足を運んでみませんか。

YASUNARI KIKUMA「Plain」
会場/ギャラリー册
住所/‪東京都千代田区九段南2丁目1−17 パークマンション千鳥ヶ淵 1F‬
会期/開催中〜2028年‪5月12日(土)‬*フライヤーには‪4月10日‬からと記載ですが、展示はすでにはじまっております。
時間/10:30‬〜‪19:00‬
休廊/月・日・祝日
URL/www.satsu.jp/

‪4月7日、21日、28日 YASUNARI KIKUMA氏在廊予定です‬

Profile

田中杏子(Ako Tanaka)編集長。高校卒業後にイタリアに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。誌面でのスタイリングのほか、広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numero TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO'S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recomended Post