084
Culture Art

「ミロコマチコ いきものたちの音がきこえる」 @世田谷文学館

ミロコマチコ, 世田谷文学館

 

動物や植物を題材とした絵を得意とする絵本作家・ミロコマチコの展覧会が開催されている。東京・世田谷の「世田谷文学館」にて、4月8日(日)まで。

Text : Manami Abe

類いまれな色彩感覚と独自の造形表現で、動物や植物を生き生きと描き出す絵本作家・ミロコマチコ。絵本作家としてのデビュー作『オオカミがとぶひ』(2012年)では「日本絵本大賞」を受賞し、今日に至るまで国内外の名だたる絵本賞を受賞している。

本展では、大型作品を含む絵画や立体、代表作の絵本原画などを展示。150点以上におよぶ作品に加えて、最新作も公開されている。


『ホッキョクグマ』(2015年) アルフレックスジャパン蔵

会場となっている世田谷文学館は、1995年にオープン。2015年には「岡崎京子展」を開催するなど、文学館の枠に収まらない意欲的な取り組みを見せている。また、建物内にはキッズスペースや、授乳室を備えた図書室が設置されており、小さな子ども連れでも安心だ。会期中の2月10日(土)、3月25日(日)には、託児サービス(事前申し込み制・有料)も実施。

ミロコマチコのダイナミックな世界を、親子で楽しんでみてはいかが?

「ミロコマチコ いきものたちの音がきこえる」
会期/2018年1月20日(土)~2018年4月8日 (日)
会場/世田谷文学館
住所/東京都世田谷区南烏山1-10-10
入場料/一般 800円、高校・大学生 65歳以上 600円、中学生以下無料
時間/10:00~18:00(日~木曜日)、10:00~20:00(金・土曜日)
休館/月(2月12日は開館し、翌13日は休館)
時間/03-5374-9111
URL/www.setabun.or.jp/index.html

<託児サービス>
実施日/2月10日(土)、3月25日(日)
時間/13:00〜16:00
TEL/0120-788-222(イベント託児マザーズ)

いいね!

Recomended Post