181
Culture Post

会田誠が描き出す“都市ヴィジョン”とは?

都市の専門家ではなく、アーティストが未来の都市の在り方を提言するという意欲的な企画「都市ヴィジョン」。対象アーティストととして選ばれた、会田誠に密着!(「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」2018年3月号掲載

Issue:Numéro TOKYO March 2018 No.114

『都市のヴィジョン – Obayashi Foundation Research Program』は、公益財団法人大林財団による新しい助成プログラム。豊かで自由な発想を持ち、都市の在り方に興味を持つ国内外のアーティストを選考委員の推薦に基づいて選出。建築系の都市計画とは異なる視点からさまざまな問題を考慮し、理想の都市の在り方を提言する展覧会を2年に1度開催するというもの。今回、白羽の矢が立ったのは現代の日本社会を痛快に批評するアーティスト、会田誠。第一回の助成対象として、2018年2月10日から表参道の特設会場にて会田誠展『GROUND NO PLAN』がスタートする。

「ヌメロ・トウキョウ」は、展覧会に向けて制作中の彼のスタジオを訪ね、インタビューを実施。会田誠は何を思い、展覧会に臨むのか…。まだ誰も知り得ぬ構想を語ってもらった。

会田誠といえば、エログロなモチーフやラディカルな皮肉が冴えわたる、当代一の“危険なアーティスト”。『GROUND NO PLAN』では、果たしてどんな眺めが現れるのか。会田誠が描き出す理想の都市。矛盾だらけのヴィジョンが、そのヴェールを脱ぐ。

アマゾンで購入する

ヌメロ・トウキョウ
2018年3月号はこちら

いいね!

Recommended Post