184
Culture Post

燃え殻 × LiLyの対談も!90年代リバイバルの理由

ファッションもカルチャーも、90年代リバイバルが増えている。なぜ時代は繰り返すのか…? 90年代カルチャーに影響を受けてきたクリエイターたちとともに「ヌメロ・トウキョウ」編集部が解説!(「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」2018年3月号掲載

Issue:Numéro TOKYO March 2018 No.114

特集の巻頭は、90年代を舞台にした小説『僕たちはみんな大人になれなかった』で多くの人の心を掴んだ燃え殻と、彼の大ファンで90年代当時は多感な10代だった作家LiLyの対談。それぞれに見てきたものや感じたこと、実体験や青春を振り返り、その時代らしい魅力と、現代や未来に向けて参考になるポイントを語ってもらった。

「クリエイターに聞いた“私の90年代”」では、90年代カルチャーに影響を受けたクリエイターたちが、現在各分野で活躍していることに注目。千原徹也(アートディレクター、れもんらいふ代表)、清川あさみ(アーティスト)、幅允孝(ブックディレクター)、小林エリカ(作家、マンガ家)、湯山玲子(著述家、プロデューサー)、尾形真理子(コピーライター、クリエイティブ・ディレクター)、堀内太郎(TARO HORIUCHI デザイナー)に登場してもらい、ルーツとなった音楽、雑誌、アート、映画を聞いた。

そのほか、『リバーズ・エッジ』映画化と小沢健二再始動にみる90年代復活や、リバイバルがもっと楽しめる最新ニュース、マンガ家・瀧波ユカリを作った1997年、市川実日子インタビューも掲載。90年代の魅力を紐解くキーワードが盛りだくさん! 90年代リバイバルの理由をまとめた特集を「ヌメロ・トウキョウ」でぜひチェックして。

アマゾンで購入する

ヌメロ・トウキョウ
2018年3月号はこちら

いいね!

Recomended Post