170
Culture Art

現代の浮世絵師・石川真澄が描く“深世界”

 

1978年生まれの浮世絵師、石川真澄。伝統的な技法と、古今東西のテイストをミックスさせた浮世絵を描く。現在、東京・新宿のBギャラリー(ビームス ジャパン5F)にて、新作を展示中だ。

Text:Akane Naniwa

6代目歌川豊国に師事し、浮世絵師として活動する石川真澄。日本橋地域ルネッサンス100年計画の一環として「日本橋かるた」を制作したり、世界的ロックバンド・KISSや、映画「スターウォーズ」とコラボした江戸伝統木版画による作品を発表したりと、伝統的な技法をベースに古今東西のテイストをミックスした制作で注目を集めている。

「深世界紀行」と題した本展では、表と裏、陰と陽といった現在の作家自身の相反する心象風景をテーマに、新作の浮世絵を展示。同ギャラリーで開催した前展「深世界奇譚」から、3年ぶりの個展となる。

そもそも「浮世」とは、「現世」を意味するもの。石川の描く浮世絵も、現代社会と生活者たちへの風刺を交えた、ユニークな視点が込められている。
現代を生きわたしたちの姿が、浮世絵という伝統的絵画の中から浮かび上がってくる様を、じっくりとご覧あれ。

 

石川真澄 展覧会 「深世界紀行」
会期/2017年4月28日(金)〜5月14日(日)
会場/Bギャラリー(ビームス ジャパン5F)
東京都新宿区新宿 3-32-6
時間/11:00〜20:00
休館/無休
TEL/03-5368-7309
URL/www.beams.co.jp/bgallery/

Recomended Post