Food / Editor's Post

今注目のニュージーランド/かわいいカフェやショップが集う港町オークランド

オークランドで食・買・遊!
ヴィラ・マリア・エステート
Villa Maria Estate

 
1961年、ジョージ・フィストニッチさんが創業したワイナリーが、今やニュージーランドのプレミアムワインのリーディングカンパニーとして、国内最多の受賞数を数えるまでに。創業時はわずか5エーカーだったのが、今やオークランドと南島のマールボロの2カ所に計2000ヘクタール! ニュージーランドワインの父ともいえる功績から、ジョージさんはナイトの称号も授与された。オークランド空港近くのワイナリーでは広大な緑の敷地を愛でながら、テイスティングができる。食事も美味しい!

住所/118 Montgomerie Rd, Mangere, Auckland
TEL/+64-9-255-0660
営業時間/9:00~18:00(土日 ~16:00)
URL/http://www.villamaria.co.nz/

パウアネイジア
Paunesia

 
ニュージーランドの大地からインスピレーションを受け、自分たちでプリントしたテキスタイルを使って布製品をプロデュース。クッションやテーブルクロス、ティータオルなどがぎっしりと棚に並ぶ光景は、色に溢れてうきうきした気分に。ヴィンテージの布で作ったキウィのぬいぐるみや、メリノシープとヤギのモヘアを編み込んだ大判ブランケットが売れ筋。アクセサリーなどは地元のアーティストともコラボしている。愛され続けて20年、この店舗のみで大切にアイテムを生み出している。

住所/35 High Street (opposite Freyberg Square), Auckland City Central
TEL/+64-9-366-7282
営業時間/9:30~18:30(金 ~19:30、土 ~17:30、日 10:30~16:30)
URL/http://www.pauanesia.co.nz/

オークランド博物館
Auckland War Memorial Museum

 
ニュージーランドで最初に誕生した博物館。1階は太平洋の航海者であるポリネシアの人々や先住民マオリが育んだ歴史や文化、2階はニュージーランドの自然、3階は戦争にまつわる資料やコレクションを展示。1日に5回開催されるマオリ文化ショーは必見! 伝統的な民族衣装をまとい、男性は勇壮に、女性はたおやかに、歌とダンスを披露する。大迫力の“ハカ”やリズミカルな“ポイ”など、独特な動きや小物が印象的だ。

住所/The Auckland Domain, Parnell, Auckland
TEL/+64-9-309-0443
営業時間/10:00~17:00(カフェ 9:30~)
入館料/大人 NZ$25、子ども NZ$10
URL/http://www.aucklandmuseum.com

Profile

Recommended Post

Magazine

ec

December 2019 N°132

2019.10.28発売

Good to Know

いいね! がつなぐ未来

オンライン書店で購入する