Art / Post

いまが絶景! 開幕相次ぐ
“京都×現代アートイベント” の新地平へ

なぜだ!? 春の京都で、現代アートイベントが次々に開幕! 春の京都といえば、桜、つつじ、若草萌ゆる寺社の庭園に、春の美味いろいろ。 ……というのがお決まりだった。これまでは。 でも、今年はなにやら様子が違っている。京都を舞台に現代アートの国際展が次々と開幕、まさに花ざかりの “かつてない眺め” が出現しつつあるのだ……! それが、『Numéro TOKYO』2015年5月号(3/28発売)の別冊付録『Numéro KYOTO』でフィーチャーした、“京都×現代アート” 新時代を予感させるイベントたち。 ひとつめは、京都の街で初めてとなる、大規模な現代アートの国際展『PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭 2015』。 そして、京都発・超ハイクオリティなアート写真イベント『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2015』。 さらに、京都開催のアートフェアとして実績を誇る『超京都』と『ART KYOTO』の2つが合体した『超京都 art kyoto 2015』まで。 日本が誇る文化都市でありながら、じつは現代アートの美術館が存在せず(!)、大型の国際展も開催されてこなかった(!?)という京都の街。 その長き歴史と文化を新しいかたちで発展させるべく、この春にそろい踏みを果たした “京都×現代アート” の動向について、ひと足早く開幕した『PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭 2015』のレポートを交えつつ、いざご案内……!


イベント②『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2015』ついに開幕!

ふたつめにご紹介する “京都×現代アート” なイベントは、『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2015』。
京町家など京都が誇る歴史的建造物に、確かな批評眼から選び抜かれたアート写真を対置するという趣向で高い評価を集める、国際的なアート写真フェスティバルだ。


第3回となる今年は「TRIBE:あなたはどこにいるのか?」をテーマに掲げ、建仁寺境内の両足院や、小堀遠州の屋敷から移築した書院と茶室で知られる花洛庵(野口家住宅)、誉田屋源兵衛 黒蔵など、通常は非公開の建物を含む15会場に計9カ国14組の作品を展示。
その意欲的な取り組みと展示クオリティの高さが評価され、フランス国立ギメ東洋美術館の写真コレクションを世界で初めて国外展示するなど、今年は内容をさらに充実させて気合い十分の開催。

4月18日(土)に開幕を迎えたばかりだが、早くも「これまでで最高のラインナップ!!」「もはや展示空間自体がアート!!」など、各所から賞賛の声が上がっている。
まさに京都の街ならではの “京都×アート写真” 体験を、お見逃しなきよう……!


『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2015』
会期/4月18日(土)〜5月10日(日)
会場/京都市内各所
時間/会場によって異なる(※詳細は公式サイトへ)
TEL/075-708-7108
URL/http://www.kyotographie.jp/


『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2015』
『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2015』

『超京都 art kyoto 2015』
『超京都 art kyoto 2015』

Text:Keita Fukasawa

Profile

深沢慶太(Keita Fukasawa) フリー編集者/ライター/『Numéro TOKYO』コントリビューティング・エディター。『STUDIO VOICE』編集部を経てフリーに。『Numéro TOKYO』創刊より編集に参加。雑誌や書籍、Webマガジンなどの編集・執筆、企業企画のコピーライティングやブランディングにも携わる。編集を手がけた書籍に、田名網敬一、篠原有司男ほかアーティストの作品集や、編集者9人のインタビュー集『記憶に残るブック&マガジン』(BNN)など。

Recommended Post

Magazine

#144_h1ec

March 2021 N°144

2021.1.28発売

Mother Nature

愛すべき自然とともに

オンライン書店で購入する