367
Culture Post

『アナと雪の女王』の続編映画のテーマは「アナの誕生日」

ディズニーが『アナと雪の女王』に次ぐ短編映画を2015年の公開予定。本編に登場し大人気になった主要キャラクターたちが、再びスクリーンに 帰ってくると発表した。この新作のログラインではストーリーを次のように説明している。「『フローズン・フィーバー』ではアナの誕生日のために、エルサやクリストフが今までで最高の誕生日をお祝いするために奮闘。しかし、エルサの雪と氷の魔力が誕生日パーティーを危険にさらすことになって…」
 
待望の同作にはアカデミー賞を受賞したロバート・ロペス、クリステン・アンダーソン・ロペスが歌を担当し、ジェニファー・リーとクリス・バックが再びタッグを組みメガホンを取ることになる。
 
一方で、オーストラリア政府がディズニーに対し同国内で撮影が行われる『パイレーツ・オブ・カリビアン:デッド・メン・テル・ノー・テイルズ』のために 2160万豪ドル(約21億円)援助すると申し出ていることが今週はじめに報じられている。オーストラリア政府のジョージ・ブランディス芸術大臣がディズニーとの長期に渡る交渉の末、この契約に合意(Variety.comはより)。ブランディス氏はこの件について「前回用 意した援助金を『パイレーツ・オブ・カリビアン5』の製作費用に使いたいというディズニーの申し出に合意したことをオーストラリア政府は嬉しく思っております」とコメント。
 
Photo:Bangshowbiz

いいね!

Recommended Post