スカーレット・ヨハンソンが女児を出産! | Numero TOKYO
People / Post

スカーレット・ヨハンソンが女児を出産!

今年29歳になったスカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)が女児を出産。スカーレットと婚約者のロマン・ドリアック(Romain Dauriac)にとって第1子となるローズちゃんが誕生した。2人の広報担当は母子ともに健康であると発表した上で、プライバシーの尊重を求めており、スカーレットとロマンはローズちゃんにスポットライトの外で育つことを希望しているとしている。   2012年に交際をスタートした2人には今年の3月に妊娠の噂が立ち始めていたが、そのわずか3カ月前にはスカーレットが子供を持つことに意欲的であると意思表示。「自分の家族が築けたらいいと思っているの」「適した時期なんてないって人は言うし、それは本当だと思うんだけど、ほかのことと同じようにある程度計画は立てるべきだと思うのよ」「ある時点で私が楽しみにしていることではあるわ」。   婚約は昨年の8月だが、婚約期間を楽しみたいため結婚は焦りたくないとスカーレットは話していた。2008年から2011年までライアン・レイノルズ(Ryan Reynolds)と結婚していたスカーレットにとって今回が2度目の結婚となる。   Photo:Bangshowbiz

Profile

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する