387
Culture Post

アメリカで最も稼いでいるテレビ女優、ソフィア・ヴェルガラが3年連続1位

ソフィア・ヴェルガラ(Sofía Vergara)が、アメリカのテレビ業界で最も稼いでいる女優のトップに輝いた。今回で3年連続となる。
 
テレビドラマ『モダン・ファミリー』でお馴染みのソフィア。2013年6月から2014年6月までの1年間で、推定3700万ドル(約39億円)稼ぎ出したとして、米フォーブス誌が発表したアメリカのテレビ業界で最も稼いでいる女優のトップにランクイン。ジョー・マンガニエロ(Joe Manganiello)と交際中でもあるコロンビア出身のソフィアは、女優としてはもちろんのこと、ダイエット・ペプシ、カバーガール、KマートなどのCMにも多く出演。さらに、タレントのマネージメントやエンターテインメント業界のマーケティングを行う会社、ラテン・ワールド・エンターテインメントの創業者の一人としても知られている。まさに、いまアメリカのテレビ業界で最も稼いでいる女優。
 
このランキングには、テレビドラマ『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』のマリスカ・ハージティ(50)が2位に、3位には『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』でペニー役を演じているケイリー・クオコ(28)がランクイン。 その他トップ10には『グレイズ・アナトミー』のエレン・ポンピオ(44)、『ガールズ』の監督兼主演のレナ・ダナム(28)、『グッド・ワイフ』のジュリアナ・マルグリース(48)、『ママと恋に落ちるまで』のコビー・スマルダーズ(32)たちが名を連ねている。
 
Photo:Bangshowbiz

Recomended Post