Art / Post

マジか!?
『現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展』


自らの財産を賭けた“筋金入り”の目利きにして、ガチンコのアートラヴァーでもある彼が「これは!」と認めた作品がずらりと並ぶ、名実ともに“ハードコア”な現代美術コレクション。
そのヤゲオ財団コレクションの中から、アンディ・ウォーホル、フランシス・ベーコン、アンドレアス・グルスキー、杉本博司、蔡國強ら、泣く子も黙るアーティストたちの代表作約75点が、このたび日本へと上陸を果たす。

まさに“世界の宝”と呼ぶべきホンモノが放つ、アート本来の価値とは果たして何か? そして、その宝物を所有するという、コレクターにしか味わえない地平とはどんなものなのか?
来場者にその気分を追体験させるべく用意された、ある“インタラクティブな仕掛け”を楽しみながら、綺羅星のごとき現代美術のハードコアを我が物のように味わい尽くせば、脳内の刺激は最高潮。
これぞ、唯一無二の宝物と呼ぶべきアートの愉悦。必ずや、後世までの語り草となるに違いない。


※『Numéro TOKYO』2014年7・8月合併号 掲載記事を加筆転載

『現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展 ヤゲオ財団コレクションより』
期間/2014年6月20日(金)〜8月24日(日)
場所/東京国立近代美術館
住所/東京都千代田区北の丸公園3-1
URL/http://www.momat.go.jp

Text:Keita Fukasawa

Profile

深沢慶太(Keita Fukasawa) フリー編集者/ライター/『Numéro TOKYO』コントリビューティング・エディター。『STUDIO VOICE』編集部を経てフリーに。『Numéro TOKYO』創刊より編集に参加。雑誌や書籍、Webマガジンなどの編集・執筆、企業企画のコピーライティングやブランディングにも携わる。編集を手がけた書籍に、田名網敬一、篠原有司男ほかアーティストの作品集や、編集者9人のインタビュー集『記憶に残るブック&マガジン』(BNN)など。

Recommended Post

Magazine

#147_ec

June 2021 N°147

2021.4.28発売

Body Philosophy

からだのはなし

オンライン書店で購入する