452
Culture Art

ブラジル発、前人未踏のアート体験!
@ DIESEL ART GALLERY

Photos:Koji Yamada
Text:Keita Fukasawa

STEPHAN DOITSCHINOFF『JUREMA PRETA』
時代とともに“ファッション”の可能性を追求し、音楽やデザインなど、最新のカルチャーシーンと呼応しながらラディカルな自己革新を続けてきた“ライフスタイル・ブランド”──DIESEL。
その同時多発的な展開の中でも、世界にただひとつのアート拠点として知られる東京・渋谷のDIESEL ART GALLERYで、各界から熱い視線を集めるブラジルの新星によるエキシビションが開催されている。

ステファン・ドイチノフ。台頭めざましいブラジルのアートシーンの様相においても、バロック様式を思わせる宗教アートの記号性と、アフリカ系ブラジル人としての民族的要素が融合を果たした作風は、他に例を見ない圧倒的なオリジナリティを放っている。
シンボリックにして呪術的、鮮烈にしてドープなモチーフが織りなす儀礼的空間へと変貌を遂げたDIESEL ART GALLERYにて、日本での初個展に臨む作家本人を直撃した。

STEPHAN DOITSCHINOFF『JUREMA PRETA』
──展覧会タイトルの“ジュレマ・プレッタ”の意味について、教えてください。

「“ジュレマ”は植物のミモザを表す言葉。ブラジルではミモザはサイケデリック・プラントとも呼ばれていて、精神に作用するハーブとして知られている。と同時に、“ジュレマ”とは女性の名前でもある。そして、“プレッタ”は黒を表す言葉。この“黒のジュレマ”こそ、今回の展覧会を象徴する存在にして、僕自身が創造した神秘的な女性像でもあるんだ」

──会場中央に設置された立体作品が、まさにそれですね。展示空間を通して、これまでに味わったことのない神聖な雰囲気を感じました。

「僕の父は牧師だけど、僕はクリスチャンでも、その他の宗教の信者でもない。教会や聖人を祀る儀式をフォーマットとして引用しつつ、すべてを自分が創造したアートの世界観として表現している。空間全体が、ここだけでしか味わえない体験のために作り出されたものなんだ」

Profile

深沢慶太(Keita Fukasawa) フリー編集者/ライター/『Numéro TOKYO』コントリビューティング・エディター。『STUDIO VOICE』編集部を経てフリーに。『Numéro TOKYO』創刊より編集に参加。雑誌や書籍、Webマガジンなどの編集・執筆、企業企画のコピーライティングやブランディングにも携わる。編集を手がけた書籍に、田名網敬一、篠原有司男ほかアーティストの作品集や、編集者9人のインタビュー集『記憶に残るブック&マガジン』(BNN)など。

Recomended Post