日本写真の近未来 ! 若手9名の写真展を見たか? | Numero TOKYO
Culture / Post

日本写真の近未来 ! 若手9名の写真展を見たか?

赤鹿麻耶『ヤッテミヨウ!』 © Maya Akashika   西暦201X年。日本のフォトグラフィはかつてない狂乱の時代を迎えていた。 可愛い子猫、子犬、家電、メシマズまで、人々自慢の画像フォルダが火を吹く中、バイト先の悪ふざけ写真が全国各地で炎上、画像で笑わなければ寝られない者、照英や川越シェフの画像くださいとせがむ者が続出。 ……どうしてこうなった。SNSやスマートフォンの普及によって、日々、すさまじい量の写真がネット上へと発射されては、あっという間に埋もれ果てていくのだった。   ……というネタ画像の話はさておき、このような状況下で、“アート”と呼ぶべき写真のあり方もまた、これまでにない局面を迎えている。 いま、日本の写真表現はどのような進化を遂げつつあるのか? この疑問にずばり切り込む注目の展覧会が、パリと東京で開催される。  
tokyo2020_2
tokyo2020_2
山本渉 シリーズ『光の葉』 © Wataru Yamamoto
展覧会のタイトルは『LUMIX MEETS/TOKYO 2020 BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS 9』。 すなわち、日本の若手写真家9名による写真展だ。 その背景には、いままさに日本の写真が世界で注目を集めているという事実があった。
  ▶ 日本の写真の“いま”はどうなっているのか? ▶ 次のページへ

Profile

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する