Fashion / Post

全世界が夢中! 2013年のH&Mのデザイナーズコラボ、
イザベル マランのアイテムがついに発売

h&m_bnr_1
h&m_bnr_1

──では、今回のコレクションについて説明してください。
 
「一言で言うと、とても個人的なコレクションです。私自身のワードローブはいつも着る大好きな服ばかりですが、色々なコレクションから選んだものが混在しています。旅行のときもそんな服を持っていくのですが、もし荷物が紛失したら……と心配になります。大好きな服が消えてしまったら、途方に暮れてしまうでしょう。ISABEL MARANT pour H&Mでは、そんな自分のワードローブを思い描きながらデザインを始めました。ちょっとしたワードローブを構成するつもりで、自分のキャリアの最高の部分をすべて投入したのです。もちろん過去の作品を再登場させるわけではなく、私なりの解釈で時代の雰囲気に合ったものにしました」
 
──創作プロセスについて教えてください。
 
「とにかく直感が重要で、ピンと来るシルエット、バランス、ディティールを追求していきます。テクスチャーも重要で、異素材の組み合わせを試すのも好きです。ある意味シェフと同じですね。手元にある材料を、つねに異なる配分で組みあわせているのです。ただ今回のコレクションは、自分が今までやってきたことを一度全部捨てて、必要な要素を拾いなおすところから始めました」
 
▶ 自分という存在を気持ちよく受け入れることがスタイル
 


h&m_btn_2
h&m_btn_2

h&m_btn_3
h&m_btn_3

h&m_btn_4
h&m_btn_4

h&m_present_bnr
h&m_present_bnr

 
▶ 次のページへ

Profile

Recommended Post

Magazine

150_H1_650_ec

OCTOBER 2021 N°150

2021.8.27発売

Logo À Gogo

やっぱりロゴが好き

オンライン書店で購入する