服のお手入れにこれ1台!STEAMERYの衣類スチーマー | Numero TOKYO
Fashion / Editor's Post

服のお手入れにこれ1台! STEAMERYの衣類スチーマー|私たちのモノ語り #023

昨年の秋、スチーマーが壊れてしまいました。秋冬はニットものが多いのでスチーマーの出番が少ないのもあり、新しいものを買わずにいたのですが気づけば春に突入。衣替えの季節に。眠っていた春服をきれいに整えなくては、と思っていたところ出会ったのがこちら。

スウェーデンストックホルムで生まれた衣類ケアブランドのスチーマリー(Steamery)のCirrus No.3 アイロン・スチーマー。スチーマリーは「お気に入りの洋服を大切にケアして、永く着続ける事が本当のエコ」をテーマに掲げ、エコロジーかつ簡単に衣服ケアができるアイテムが揃うブランド。

  
見えるところに置いても部屋の雰囲気を邪魔しないミニマルなルックスはもちろんですが、機能面でも素晴らしくスチーマーとアイロンのハイブリッド型なのでアイテムによって使いわけができるのです。カットソーやスウェットは適度なラフさを残しながらもスムーズで滑らかな仕上がりに。付属のミトンを手にスポッとはめて挟んで使えばシャツやスラックスをパリッとしっかりプレス。襟元や袖など細かな箇所にもスチームをかけることができます。シワ取りができる以外にも高温のスチームが脱臭や除菌してくれるので洗濯の代わりとしても◎。頻繁には洗えないソファやカーテンなんかにも使ってます。猫と暮らしているため、薬剤系の消臭除菌スプレーは極力さけていたので嬉しい限りです。

こちらは同モデルのアイボリーカラー。右はニットの季節に活躍しそうなファブリックシェーバー(毛玉取り)
こちらは同モデルのアイボリーカラー。右はニットの季節に活躍しそうなファブリックシェーバー(毛玉取り)

さらに嬉しいポイントがもうひとつ。電源を入れてから約25秒でスチームが噴出するので、よくありがちな出かける直前の「こんなところにシワが!」なんて時もさっと直せてかなり便利なのです。時間のない朝の時短ケアにも最適。

シワのないきれいな服を着ていると気分も上がるし、なによりお洋服をきちんとケアして長く着ることは、限りある資源を大切にする行動にもつながりますよね。ケアしながら環境とも向き合える、オススメのスチーマーです。

Steamery(スチーマリー)
https://steamery.jp/

連載「私たちのモノ語り」をもっと読む

Profile

坂井直美Naomi Sakai ウェブ・コンテンツ・プランナー。ファッション&カルチャー系 WEB マガジン「HONEYEE.COM」の編集・プランナーなどを経て2021年春から『Numéro TOKYO』に参加。Numero.jpにて最新のトレンドを魅せるコンテンツ作りを目指し日々プランニングに奮闘中。服はもっぱら白か黒。今年は色物をワードローブに取り入れてキャラ変模索中。

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する