「Dior」が韓国でショーを初開催。フォール 2022 コレクションを発表 | Numero TOKYO
Fashion / Post

「Dior」が韓国でショーを初開催。フォール 2022 コレクションを発表

©Choi Na Rang
©Choi Na Rang

ディオール(Dior)が2022年4月30日(土)フォール 2022 コレクションのショーをソウルの梨花女子大学校で開催した。韓国でのショー開催はこれが初となる。

01 | 18

BLACKPINKのジス、女優のぺ・スジ、フィギュアスケーターのキム・ヨナをはじめ、数々のセレブリティが足を運んだ。

会場にはスケートボードのセットが組まれ、女性スケートボーダーたちのパフォーマンスでショーがスタート。

©Lee Hyun Jun
©Lee Hyun Jun

メゾンのモットーでもあるシスターフッドにフォーカスし、関わり合い、交流、共有といったコンセプトを体現したフォール 2022 コレクション。ディオール一家が家業で用いていたジュートバッグにあしらわれていたエンブレムを紋章のモチーフとしてアレンジし、さまざまなピースにあしらった。

紋章のモチーフで思い起こすのが、制服。どんな服をセレクトするかで、アイデンティティを表現できる一方で、個性を取り除いたグループという概念も孕んでいる。中でもマリア・グラツィア・キウリが興味を持ったのが、学生たちが制服にアレンジをすることで自分だけの衣服にパーソナライズし、自由を求めるその姿。その影響か、ルックにはパンクのニュアンスも現れている。プリーツスカートやキルト、「バー」ジャケットの再解釈まで、象徴的なアイテムが登場。

メンズウェアで多用されるファブリックや、リフレクティブな「ディオール グレー」のテクニカルファブリックを採用。また、ブラックのタイと合わせたスタイリングも多く見られた。

ショーの後半を飾ったのは、イブニングガウン。ムッシュ ディオールが手がけた「ジュノン」ドレスのようなボリューム感たっぷりのシルエットを、アシンメトリーなカットで大胆に解釈した。

また、ディオールは今回のショーの舞台となった梨花女子大学校との提携を発表。奨学金やWOMEN@DIOR インターンシッププログラム、リテールマネージメントトレーニングプログラム、ディオールのリーダーたちによる特別クラスなどを通じて、未来のリーダーたちの育成に取り組んで行く。

Dior
クリスチャン ディオール
TEL/0120-02-1947
URL/www.dior.com

Text: Yukiko Shinto

Magazine

SEPTEMBER 2022 N°159

2022.7.28 発売

Think Pink

ピンクは自由だ!

オンライン書店で購入する