寒い季節に気分も華やぐ! “精進花鍋”を、京都・河原町で | Numero TOKYO
Food / Editor's Post

寒い季節に気分も華やぐ! “精進花鍋”を、京都・河原町で

GOOD NATURE STATIONの4階は、中央に中庭が広がり、その周りをカフェ&バーやラウンジスペースが囲む開かれた空間。
GOOD NATURE STATIONの4階は、中央に中庭が広がり、その周りをカフェ&バーやラウンジスペースが囲む開かれた空間。
京都・四条河原町に2019年12月に開業した「GOOD NATURE STATION」。自然との共生を感じるサステナブルに配慮したホテルも併設する複合型商業施設で、1階のショップではナチュラル&オーガニックな食材や調味料、アルコール類を豊富にラインナップ。ここGOOD NATURE STATIONの4階にある、カフェ・レストラン&バー「Hyssop」に、薬膳を取り入れた鍋メニューが登場。身も心も温まりたい季節にぴったりの予感! その名も「精進花鍋」。ベトナム南部で古くから食べられている食用花を使った鍋料理“花鍋”を「Hyssop」流にアレンジし、漢方や薬膳の要素を取り入れたもの。レシピ監修は、麻布十番にあるミシュラン一つ星「スブリム」で副料理長を務めた北嶋竜樹氏が担当。見た目にもエキゾチック&カラフルで美しい! なんといっても嬉しいのが、野菜やキノコをたっぷりいただけること。10種以上を揃えるキノコや野菜は、農薬不使用や旬のものを全国から厳選。お出汁は、昆布・大豆・干し椎茸・白菜などを一晩かけてひいた精進出汁で、仕上げに菊花と菜種油で作ったオイルで風味をプラス。滋味あふれるお出汁で、野菜の旨味をシンプルに味わうだけでも至福だけど、生姜のエルダーフラワーシロップ漬けや柚子胡椒の薬味などで“味変”も楽しめる。そして、ラストは玄米雑炊またはフォーで〆。どこまでもヘルシー&ギルトフリーなコースに大満足!
精進花鍋にアミューズ、〆の玄米雑炊かフォーが付いた 単品4,500円。または、アミューズ、野菜の前菜3種類、〆の玄米雑炊かフォー、デザート(豆花)が付くコース6,000円もおすすめ。オプションで、京鴨ロース(1人前100g)2,000円や京赤地鶏モモ(1人前100g)1,500円も。
精進花鍋にアミューズ、〆の玄米雑炊かフォーが付いた 単品4,500円。または、アミューズ、野菜の前菜3種類、〆の玄米雑炊かフォー、デザート(豆花)が付くコース6,000円もおすすめ。オプションで、京鴨ロース(1人前100g)2,000円や京赤地鶏モモ(1人前100g)1,500円も。

花鍋と一緒に楽しみたいのが「Hyssop」ご自慢の豊富なワイン。ビオワインを中心に豊富にワインを取り揃えており、最近注目のオレンジワインも幅広くラインナップ。冷やしすぎずかついい渋みのあるオレンジワインは、鍋料理にもよく合うのでぜひお試しを。

精進花鍋のメニューは、精進花鍋にアミューズ、〆の玄米雑炊かフォーを含む 単品4,500円か、アミューズ、野菜の前菜3種類、〆の玄米雑炊かフォー、デザート(豆花)も付くコース6,000円。オプションで、京鴨ロース(1人前100g)2,000円や京赤地鶏モモ(1人前100g)1,500円も。季節限定のメニューなので、予約&来店はお早めに!

場所/4階 カフェ・レストラン&バー「Hyssop」
https://goodnaturestation.com/restaurant/hyssop/
提供時間/17:30~21:00(L.O.20:00)
ご予約・お問合せ/075-352-3728(直通)

 

Profile

佐々木奈歩Naho Sasaki コントリビューティング・ビューティ・エディター。アメリカ・サンノゼ育ち、慶応義塾大学法学部卒。『VOGUE JAPAN』『FIGARO japon』などの美容エディターを経て、2009年フリーランスに。モードなビューティ記事づくりを得意とし、ファッション誌や美容誌で執筆・編集をするほか、広告制作やビジュアルディレクションなどでも活躍中。80sミュージックを聴きながらコスメ部屋にこもるのが幸せ、という“オタク“気質。二児の母。

Magazine

November 2022 N°161

2022.9.28 発売

Shades of Black

だから、黒

オンライン書店で購入する