Food / Editor's Post

毎日食べたくなる、フランス料理をカジュアルに! ザ・リッツ・カールトン東京「タワーズ」

ザ・リッツ・カールトン東京のレストラン「タワーズ」が、本格的なフレンチをワインと共に気軽に愉しめる「ビストロノミー」としてこの秋生まれ変わりました。

新料理長に就任したのは、ザ・リッツ・カールトン大阪のフランス料理「ラ・ベ」にて副料理長を務めた中野琢治氏。フランス・アルザスの三つ星レストランやパリで4つのレストランで修行されるなど、豊富な経験の持ち主です。

中野琢治料理長
中野琢治料理長

東京の街を一望できる45階からの眺めは抜群! 一歩足を踏み入れた瞬間から非日常感が満載で、ワクワクします。

そんな非日常なおしゃれな空間ですが、お料理は「毎日食べたい!」と思えるような、目で見てどんな食材を使っているのかがわかる、シンプルな美味しさを極めたメニュー。シンプルであるからこそ、素材は最高のものを仕入れ、一流の技術で調理されたシェフの腕が光る料理の数々です。

西洋わさびを使ったふわふわのレフォールクリームの下に、帆立のマリネや食感も楽しいカリフラワーなどを合わせた一品。スダチのジュレやゼストが爽やかな酸味を引き立てます。日本の素材を使うのも中野シェフのこだわりです。

グラスワインから銘醸ワインまで、幅広く取り揃えたワインセレクションも魅力。この日はローヌ地方のワインをペアリングしていただきました。ちなみに、中野シェフはワインソムリエの資格も取得されているそうです!

フランス料理の伝統的なメニューの一つ、「パテ アン クルート」。こんがりと焼かれたパイ生地に、テリーヌがぎゅっと詰まった見た目も美しい逸品です。添えてあるのは、りんごのスライスにラズベリーのジュレ、エシャロットのコンディメント。付け合わせがユニークです。フルーツの酸味と合わせたハーモニーが新鮮でした。

トリュフとベシャメルソースに、根セロリのスープを加えていただく「根セロリのヴルーテ トリュフの香り」。フランス料理では、根セロリは冬の定番野菜なのだそう。トリュフの香りがふわっと立ち上がり、空気をたっぷり含んだふわふわの温かいソースが絶品です。まるでお味噌汁のように心に染みる、ほっとする味わいに感動しました。これは本当に毎日でも食べたいくらいです!

その日の朝に一本釣りされ、船の上で活締め処理をした「鱈のポワレ」。皮はしっかりと焼かれ、身はふっくらプリプリ。鮮度の違いを実感しました。

シャラン鴨の胸肉のローストに、肝でリエしたスパイスソース、ゆり根や黒ニンニク、トリュフを添えて。しっとりとした鴨肉は絶妙な火入具合。またしても合わせる食材に驚きました。

デザートは、洋梨のコンポート。フロマージュブランのソルベに、スパイスが効いたパンドエピスのクッキーを飾っています。

肩肘張らずに楽しめるフランス料理でありながら、趣向を凝らした素材の組み合わせや、伝統をリスペクトしながらオリジナリティを加えたメニューに、シェフのフランス料理愛を感じました。日常使いはもちろん、スペシャルなオケージョンでもおいしい料理と共に素敵な時間が過ごせるはずです。

ザ・リッツ・カールトン東京 45階 ビストロノミー「タワーズ」
TEL/03-6434-8711
ランチ 11:30~16:00(L.O.15:00)
ディナー 17:30~22:30(L.O. 21:00)
オンライン予約

Profile

新藤友紀子Yukiko Shinto ウェブ・エディター。女性ファッション誌のウェブ編集などを経て2018年『Numero TOKYO』に参加。ファッションをはじめ、カルチャーやライフスタイルなど興味の赴くまま取材。Numero.jpでは連載「パン野ゆりのぶらりパン歩き」「パントビスコの不都合研究所」などを担当している。スイーツ熱がますます高まり、夢はお菓子ブランドを作ること。

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する