601
Lifestyle Editor's Post

絶景!ナイアガラの滝へ、トロントから日帰りトリップ

カナダのダウンタウンと呼ばれる巨大都市トロントへ。アート、グルメ、ショッピングなどローカルなカルチャーに触れる街歩きの後は、少し足を伸ばして渓谷や森、ナイアガラの滝といった大自然の絶景に圧倒されよう。

niagara4

niagara park

圧巻のナイアガラの滝を上から下まで舐め回すように堪能!

世界三大瀑布と言われるだけあって自然の脅威を感じずにはいられない、その迫力たるや想像を遥かに超えてました。百聞は一見にしかずとは言ったもので完全に圧倒されます。もちろん展望台や遠くから眺めても凄さは感じられるのですが、どうせなら、とことん近づけるものなら近づきたいということで「ナイアガラ・ククーズ」で滝つぼギリギリまで接近することに。合わせて、洞窟トンネルを通って真横や裏側から見ることもできます。さらに、ヘリコプターで上空から見ると、その壮大さがより一層わかります。また、ナイアガラは世界を代表する名勝の観光地だけあってホテルも連立し、カジノやら遊園地やらエンターテインメントも充実してるので、泊まりでも楽しめます。

naiagara

IMG_8785のコピー

滝を間近に感じられる
「Hornblower Niagara Cruises」

まずはボートに乗り込み下から見学。赤いポンチョを配られると、どれだけ、しぶきがあるかが想像できます。早速、デッキの手すり沿いの特等席をゲット。最初は霧吹きぐらいだったのが、滝壺に近づくにつれ横殴りのの雨に、最接近したときには、暴風雨に巻き込まれたように、ビショビショの台風中継のアナウンサー状態。水量もスピード感も轟音もド迫力。フードでガードするものの水が滴り落ちます。とはいえ、それもまた楽しいという感じなので、ナイアガラに来たら外せない、体験してほしい度ナンバー1のアトラクションです。
URL/https://www.niagaracruises.com/

helicopter4

helicopter5

ナイアガラ上空を周遊
「Niagara Helicopters」

容赦ない激しいしぶきを体験したお次は上空から優雅に壮大な風景を堪能。約10分程度のスカイクルーズでは、川がいよいよ落ちていく様子、その大きさを一望できます。
URL/https://www.niagarahelicopters.com/

滝を横目に身一つで空中移動⁉︎
「MistRider Zipline」

今年誕生したナイアガラのアトラクションの一つ「ジップライン」。滝を横目に眺めながら、ハーネスを着用し身一つで、ロープを伝って約670mをシャーっと滑り下りるというもの。その高さと長さもさすがナイアガラ!
URL/https://wildplay.com/niagara-falls/

Niagara Parks
URL/www.niagaraparks.com

winery3

あの手この手でナイアガラの滝を堪能した帰りに、ワイナリーに立ち寄りました。ナイアガラ周辺は、良質なぶどうの産地でワイン作りが盛んだそう。特に、有名なアイスワインは甘さと果実味がギュギュギュッと濃密。

winery

winery5

Chateau des Charmes Winery
住所/1025 York Road, Niagara on the Lake(St.David’s)
TEL/905-262-4219
URL/www.chateaudescharmes.com

ナイアガラの滝&周辺の情報
ナイアガラ・フォールズ観光局

URL/www.niagarafallstourism.com

暮らすように過ごす、トロントの街歩き

知られざるトロントのアートスポット

Profile

佐々木真純(Masumi Sasaki)ファッション・フィーチャー・ディレクター。大学在学中から編集プロダクションにて雑誌などに携わる。雑誌『流行通信』編集部に在籍した後、創刊メンバーとして『Numero TOKYO』に参加。ファッション、アート、音楽、映画、サブカルなど幅広いコンテンツを手がける欲張り何でも屋。写真家・操上和美が撮影する「男の利き手」や「東信のフラワーアート」の担当編集。ここ数年の趣味は山登りで、得意芸の“カラオケ”は編集部名物。自宅エクササイズ器具に目がない(なんならコレクター)。

Recomended Post