842
Lifestyle Editor's Post

知られざるカナダ、トロントのアートスポット

カナダ、オンタリオ州の最大の都市トロントの魅力を、観光ガイドに載ってないアートな視点で超私的にお届け。

カナダはトロントに行ってきました。トロントと言えば、世界三大瀑布ナイアガラの滝観光が有名ですが、カナダのメルボルン(オーストラリアの)とも言われ、環境も人も優しく気持ちのいい街なんです。そして、かのお騒がせセレブ、ジャスティン・ビーバーや、ハリウッドきっての変人と言われるキアヌ・リーブスを輩出した街でもあります。今回、街全体で取り組むイベントがなかなかユニークだという新たな発見もありました。いわゆる王道のトロントの旅レポートは追ってご紹介するとして、まずは、アート視点で超私的にレポート。

旅先で必ず赴く、私の三大スポットは、美術館、動物園、水族館なのですが、今回は限られた時間の中で美術館のみ行ってきました。
まずは、オンタリオ・アートギャラリー。ラッキーなことに、なんと大好きなジョージア・オキーフ展をやってました。



フォトジェニックでインパクト大のフランク・O・ゲーリーによる建築が目印です。古くからの建物に増築したらしいですが、なかなかのミックスぶりです。


作品は撮影NGだったため、残念ながらお見せできませんが、花、大地、空、骨、そして今まで知らなかったNYマンハッタンの絵など、とにかく素晴らしく最高でした。

IMG_4968
お隣のアートスクールの建物も個性的です。

Art Gallery of Ontario,AGO
住所/317 Dundas Street West,Toronto,Ontario,Canada
URL/https://ago.ca/

これまた、たまたまなのですが、カナディアンアーティストをフィーチャーしたアートフォトイベントScotiabank Contact Photography Festivalを開催していて、ギャラリー、路上など街の至るところに作品が展示されていました。
そこで、遭遇したのが、発売中のヌメロ・トウキョウ7・8月合併号のカバーを飾る、モデルでアーティストのペトラ・コリンズの個展! ついてます。本誌インタビューにも掲載されてますが、彼女はトロント生まれで、故郷での初個展とのこと。


ギャラリーのすぐ隣の建物の壁をジャック。右側はペトラ本人。



Petra Collins「Pacifier」
会場/Contact Gallery
住所/80 Spadina Ave, Ste 205,Toronto, Ontario, Canada
URL/http://scotiabankcontactphoto.com/2017/primary-exhibition/contact-gallery-pacifier

他にも、さまざまな場所でアートフォトに出会いました。


路上で。




1889年に建てられたトロントでもっとも古くから続く歴史あるホテル「Gradstone Hotel」の会場にて。

Gradstone Hotel
住所/1214 Queen St W,Toronto,Ontario,Canada
URL/http://www.gladstonehotel.com/

ユニークな博物館のイベントに大盛り上がり

Profile

佐々木真純(Masumi Sasaki)ファッション・フィーチャー・ディレクター。大学在学中から編集プロダクションにて雑誌などに携わる。雑誌『流行通信』編集部に在籍した後、創刊メンバーとして『Numero TOKYO』に参加。ファッション、アート、音楽、映画、サブカルなど幅広いコンテンツを手がける欲張り何でも屋。写真家・操上和美が撮影する「男の利き手」や「東信のフラワーアート」の担当編集。ここ数年の趣味は山登りで、得意芸の“カラオケ”は編集部名物。自宅エクササイズ器具に目がない(なんならコレクター)。

Recomended Post