07
Lifestyle Post

見てるだけで癒される! イヌ・ネコ好きのチェックリスト

犬と猫はクリエイターの相棒であり、大きなインスピレーション源だ。 巨匠からインスタグラマーまで、多くのクリエイターたちが魅了された犬・猫が主役の作品をご紹介。(「ヌメロ・トウキョウ」2018年4月号掲載)

©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

MOVIE

 

『犬ヶ島』
ウェスが描く20年後の日本は”犬だらけ”!?

ウェス・アンダーソン監督が新作の主役に抜擢したのはなんと「犬」。舞台は、増えすぎた犬が社会問題になってしまった20年後の日本。野良犬も飼い犬も、すべての犬がゴミ処理場の島、通称”犬ヶ島”に追放されてしまう羽目に。愛犬を探しに島を訪れた少年と5匹の犬の冒険が、全編ストップモーション・アニメーションで描かれる。

映画『犬ケ島』の情報はこちら

「この映画は作り始めて3年になるのかな。コマ撮りのストップモーションは下手すれば毎日1分とかしか撮れない。主人公の犬たちの人形はとてもリアルで感情豊かな表情をしています。最近の猫ブームに寂しい思いをしていた犬好きさんは是非!」

野村訓市(Kunichi Nomura)

雑誌編集、執筆活動を中心に、映画やファッションなどさまざまなジャンルでプロデュースを手がける。ウェス・アンダーソン監督とは10年以上の仲。製作側として携わった今作では、多くの日本人俳優たちのキャスティングも担っている。

ART

 

146_03
146_03
藤田嗣治《自画像》 1929年 油彩・カンヴァス 東京国立近代美術館蔵  ©Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017 E2833

「没後50年 藤田嗣治展」身近な存在として数多くの作品に猫を描く

「Fou Fou(お調子者)」と呼ばれ、パリジェンヌに愛されたレオナール・フジタこと藤田嗣治の大回顧展が行われる。裸婦像や自画像など、藤田の作品には常にといっていいほど猫がそばにいる。1938年に渡仏した猪熊とも深く親交があり、当時、藤田から猪熊に宛てた手紙には、猪熊が暮らしたアパートにいた猫のスケッチが残っている。

「没後50年 藤田嗣治展」
会期/2018年7月31日(火)~10月8日(月・祝) 
会場/東京都美術館 企画展示室
住所/東京都台東区上野公園8-36
URL/foujita2018.jp/

PHOTO BOOK

 

147_01
147_01

『FAT CATS』『COOL MUTTS』
“巨漢猫”と”雑種犬”をフィーチャー!

「ガーフィールド」さながら、でっぷりと太ったデブ猫ちゃん や、血統書はなくとも愛すべき雑種犬たちにスポットを当 てたモノクロ写真集。複数の写真家の作品から選りすぐ りを収載し、著名な作家による犬、猫に寄せての引用文 が添えられている。ページをめくるたび思わずニヤけてし まう、ユーモラスな仕草や表情がたまらない!

『FAT CATS』『COOL MUTTS』(Welcome Enterprises, Inc.)

147_02
147_02

『DOG DOGS』
ウィットに富んだ写真から伝わる犬愛

「すべての犬愛好家のための必須本!」とマリークレールが評した、伝説的写真家真家エリオット・アーウィットによる一冊。ユーモラスな犬の表情を瞬間的に切り取っているが、彼いわく「気づいたら犬が写っていた」とのこと。

『DOG DOGS』(Phaidon)¥1,980

147_03
147_03

『CAT PEOPLE』
猫ブームは70年代から始まっていた!?

1978年に発表された写真集。「LOVE」の彫刻で知られる美術家ロバート・インディアナや、NYきっての洒落者といわれた画家リチャード・マーキンらさまざまな表現者と愛猫の暮らしぶりが垣間見える、貴重な一冊。

『CAT PEOPLE』(Doubleday)

147_04
147_04

『東京猫町』
アラーキーが撮る東京を生きる野良猫

『愛しのチロ』で知られる荒木経惟だが、野良猫も同じように愛している。豪徳寺、西新宿、月島など、猫と出会えそうな東京の”猫町”を散策し撮影。路地裏でくつろいでいたり、ただ佇んで いたり、リアルな表情を捉える。

『東京猫町』(平凡社)/版元品切れ

CAMPAIGN

 

147_05
147_05

モデル顔負けのかわいさにMiu Miuもラブコール

ファッションブランドにとって、犬や猫も重要なミューズ。ここ数シーズンの広告キャンペーンには、多くのスーパーワンニャンモデルが登場している。ミュウミュウはフレグランスシリーズの広告にたびたび猫 を起用。新作「ミュウミュウ ロー ロゼ オードトワレ」のヴィジュアル では、キジトラの子猫ちゃんが愛らしい姿を覗かせている。

MAGAZINE

 

147_07
147_07

『PUSS PUSS』
ロンドンから世界のキャットラバーに発信!

昨年11月に6号目を発売した「プスプスマガジン(PUSS=猫ちゃん)」。毎号、女優、アーティストなど豪華出演陣が話題に。どのページを開いても洗練されたヴィジュアルで、猫専門誌というより、ファッションカルチャー誌として手元に置いておきたくなる存在。

147_06
147_06

『The Printed Dog』
超一流ファッション写真家らが撮る犬雑誌

スティーブン・クラインやテリー・リチャードソンら、世界的に名の知れた写真家が陽気で愉快な犬たちを撮影。またライアン・マッギンレーやニコラ・フォルミケッティの愛犬なども登場する。トップクリエイターとその相棒である犬の、心のつながりを感じられる一冊。

Instagram

 

147_08
147_08

時吉あきな@akinatokiyoshi

見慣れた犬、よ~く見ると紙だった!

リアルだけど違和感のある犬たちの正体は“立体コラージュ”。94年戌年生まれの時吉あきなによる作品で、スマートフォンで撮影した犬の写真をコピー用紙に出力し、原寸大に再現している。

147_09
147_09

Tori@bichon_tori

モフモフしたい♡真ん丸なお顔に釘付け

ぬいぐるみ?本物…? 見分けがつかないほど愛らしいシルエットのトリちゃん。ふわふわの毛を持つ「ビションフリーゼ」という犬種で、こまめにUPされるトリミング風景の動画も超キュート!

147_10
147_10

Stephen Eichhorn@stepheneichhorn

猫の顔から多肉植物がニョッキリ!

シカゴを拠点とするアーティスト、ステファン・エイ トホーンは、猫と植物を巧みにコラージュ。サボテンと一体になってしまった猫、ライオンのようにお花で縁取られた猫など、なんともシュール!

147_11
147_11

Michele Bisaillon@michel_e_b

可愛さと毒っ気のある世界観が魅力
ミラーや花を使って独自の世界を表現するミシェル。 彼女の写真には茶トラの愛猫がしばしば登場。サングラスを掛けていたり、頭上に花を載せていたり、鏡の中からユーモラスな視線を送ってくれる。

Text:Chisa Motomura Edit:Maki Saito, Fumika Oi

Recomended Post