Food / Restaurant

ここは海とつながる場所。おいしい料理をお供に。浦賀「かねよ食堂」

都心から1〜2時間で、明らかに時間の流れ方が変わる海のそばの街へ。フレッシュな海の幸を使ったおいしい料理とピースフルな笑顔を求めて。(「ヌメロ・トウキョウ」2019年6月号掲載)

もっちり生地に自家製塩蔵ワカメとしめじをのせた「わかめのピザ」¥1,250。てんぐさを加工して作った自家製寒天にフルーツを合わせた「てんぐさゼリー」¥500。岸 将治シェフのベースはフレンチだが、カテゴリーにこだわらず、その日にある食材をいちばんおいしい方法で調理している。
もっちり生地に自家製塩蔵ワカメとしめじをのせた「わかめのピザ」¥1,250。てんぐさを加工して作った自家製寒天にフルーツを合わせた「てんぐさゼリー」¥500。岸 将治シェフのベースはフレンチだが、カテゴリーにこだわらず、その日にある食材をいちばんおいしい方法で調理している。

「この辺りはオフショアだから、海が穏やかなんですよ」とは、サーフィン歴25年のオーナー、ジョンさん。実は漁師でもあり、自ら海に出て穫った海の幸を提供しているのがかねよ食堂の大きな特徴。「自分で船を出すからこそ、市場では雑魚とされる魚も命の価値や獲る手間は同じだとわかる。だから世間では高級魚とされていてもうちでは日常的な価格で出しますよ」

すぐそばに穏やかな海が。
すぐそばに穏やかな海が。

走水海岸の目の前というロケーションの素晴らしさもさることながら、ハンドメイドのテーブルやヴィンテージの椅子が並ぶカジュアルな雰囲気とウェルカムな空気が心地よい。「せっかく来てくれた人たちには時間に追われずくつろいでもらいたいし、海や自然を少しでも感じてもらいたい。そんな体験場所となってくれたら本望です」

緑に囲まれ、広々とした一軒家。どこか遠い外国の海辺に来たかのよう。
緑に囲まれ、広々とした一軒家。どこか遠い外国の海辺に来たかのよう。

かねよ食堂

住所/神奈川県横須賀市走水1-6-4
TEL/046-841-9881
営業時間/火・水・木11:00~18:00、金・土・日11:00~22:00
定休日/月
URL/art-onthebeach.com/

海のそば、海ごはん

Photos:Satoko Imazu Slelection&Text:Shiori Fujii

Profile

藤井志織Shiori Fujii 編集者、ライター。雑誌や書籍、Webで活動。フードやインテリアなど、ライフスタイルにまつわる仕事が多い。担当書籍に、草場妙子著『TODAY’S MAKE- UP 今日のメイクは?』、石井佳苗著『LOVE CUSTOMIZER』、重信初江著『昔ながらのおかず』などがある。

Recommended Post

Magazine

ec

January / February 2020 N°133

2019.11.28発売

Live Your Color

カラフルに生きよう!

オンライン書店で購入する