Food / Restaurant

上質な海の幸の、洗練を極めたイタリア料理。小田原「Il Mare」

都心から1〜2時間で、明らかに時間の流れ方が変わる海のそばの街へ。フレッシュな海の幸を使ったおいしい料理とピースフルな笑顔を求めて。(「ヌメロ・トウキョウ」2019年6月号掲載)

スペシャリテとして人気の「鮮魚のサラダ仕立て」(写真は¥10,500のランチコースより)。コースにもよるが、少なくとも7種類以上の魚が使われている。「小田原漁港の目の前だからこそ出せる味。イタリアって山にはチーズやキノコしかないし、海には魚介しかない。そういうその土地や店ごとの特徴があるのがいいと思う」と依田さん。
スペシャリテとして人気の「鮮魚のサラダ仕立て」(写真は¥10,500のランチコースより)。コースにもよるが、少なくとも7種類以上の魚が使われている。「小田原漁港の目の前だからこそ出せる味。イタリアって山にはチーズやキノコしかないし、海には魚介しかない。そういうその土地や店ごとの特徴があるのがいいと思う」と依田さん。

ぶりっとした食感と濃い旨味…。「今まで食べていた魚と違う!」と驚くこと請け合い。それもそのはず、依田隆シェフは目の前の小田原漁港に毎朝4時に仕入れに行く魚の目利き。漁師の仕分けなども手伝うという依田さんだからこそ、特別に仕入れられる素材も多い。

「時季や種類が同じでも、場所や漁法によって味がまったく違う」というこだわりを聞いて納得。イタリア料理ではあるけれど、厳選した食材を使い、日本人が敏感である食感や香り、温度を大事にした料理はここならではの味。だからこそ、日本各地や海外からも予約してくる人が後を絶たない。

il mare
イルマーレ

住所/神奈川県小田原市早川1-11-6 PORT SIDE K-Ⅱ 1F
TEL/0465-24-1510
営業時間/12:00~14:00、18:00~20:30(日~19:00)
定休日/月(祝日は営業。翌日休)
URL/www.il-mare.co.jp/

海のそば、海ごはん

Photos:Satoko Imazu Slelection&Text:Shiori Fujii

Profile

藤井志織Shiori Fujii 編集者、ライター。雑誌や書籍、Webで活動。フードやインテリアなど、ライフスタイルにまつわる仕事が多い。担当書籍に、草場妙子著『TODAY’S MAKE- UP 今日のメイクは?』、石井佳苗著『LOVE CUSTOMIZER』、重信初江著『昔ながらのおかず』などがある。

Recommended Post

Magazine

ec

December 2019 N°132

2019.10.28発売

Good to Know

いいね! がつなぐ未来

オンライン書店で購入する