2015年春夏トレンド速報! JUJUが挑戦する3つのテーマ(前編)/ JUJU’s closet vol.44 | Numero TOKYO - Part 4
Fashion / JUJU's Closet

2015年春夏トレンド速報! JUJUが挑戦する3つのテーマ(前編)/ JUJU’s closet vol.44

Numero.jpでしか読めないモードな連載『JUJU’s クローゼット』。今回は、2015年の春夏コレクションから読み解く、3つのファッショントレンドがテーマ。最旬アイテムをJUJUが着こなす撮影に先立って、小誌編集長・田中杏子とJUJUがトークします。 初回のテーマは「New 70s Luxury」。話題はそれぞれの70年代へのイメージから、今どきの"モテ服ブーム"にまで及びました。(前編)
J「これも矛盾なんだと思うんですけど、日本人女性ってモードな格好に憧れるし、かっこいいって言いながら、自分には着れない服だと思っていますよね。それってどうしてなんですかね?」
A「思い切りがないっていうかね。だから日本は、靴やバッグだけがすごく売れるんだと思う」
J「そうか、なるほど」
A「でも、服が追いついていかない。なかなか難しいんですよね。『モード推進委員会』を結成して服もどんどん売っていかないと、ちょっとまずいぞと」
J「ぜひ(笑)! アイドルにも、もっとモードを着て欲しい!」
A「アイドルが制服のような衣装を着たりするのを男子がかわいいと思うのもたしかにわかるんだけど、あれは“アイドルだから許される”という部分もあるわけで。やっぱり私個人的には、いいものをちゃんと身に着けてちゃんとおしゃれをしている、『エンジンギア入れました!』みたいな人が増えてほしいなと」
J「見たいですね」
A「そういう意味では、たとえば全身白とかは結構難しいトレンドだし、次の春夏は小花柄じゃなくて大きな花柄が流行するのですが、それもかなり難易度が高いじゃないですか。JUJUさんにはぜひ、舞台の上でそういう服を着ていただければ。いつもすごくお上手にお洋服を着られているので」
J「いえいえ、そんな」
A「ぜひ着てみてほしい! それを女子が見て、『でも、あれはJUJUさんだから似合っているわけで…』って思わないでついてきてくれるようになるのが理想だよね」
JUJU's closet vol.25
JUJU
JUJU(じゅじゅ) 18歳で単身渡米。2004年8月「光の中へ」でデビュー。06年11月にリリースした「奇跡を望むなら…」が話題を集め、07年度USEN年間総合チャート1位を獲得。2014年12月3日、JUJUのライフワークでもあるカヴァー曲を収録した待望の2nd Cover Album『Request II』をリリース。今年第1弾となるシングル「Hold me, hold you / 始まりはいつも突然に」が2月11日に発売される。アニバーサリーイヤーのラストは、全国大都市アリーナツアー(15年6~7月)が決定。 HP / www.jujunyc.net/ Twitter / @JUJUsonymusic LINE / ID:JUJU
田中杏子(たなかあこ) Numéro TOKYO編集長。ミラノに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告などに携わる。ファッション・エディターのほか、広告のスタイリングやTV番組の司会などの職を兼務。2005年よりNuméro TOKYO編集長に就任。同誌ファッションページのスタイリングやブランドのアドバイザー、ディレクションなども行う

Profile

Magazine

JUNE 2024 N°177

2024.4.26 発売

One and Only

私のとっておき

オンライン書店で購入する