Fashion / JUJU's Closet

2013年秋冬のトレンドを予測!JUJU×田中杏子 対談①/JUJU’s closet vol.22

J「雑誌に香り付きのページがあったの。それをかいで『なんだ、このいい香りは!』と一目惚れ。すぐに買いに行きました」

T「雑誌の広告が大成功した例ですね! すごい」

J「それから高校3年間は、シャワージェルまで全てDUNE。DUNEの香りを漂わせながら『ファイトー』って走ってる陸上部員(笑)」

T「香りへのこだわり、本当に強いですね。家でお使いのルームフレグランスとかは?」

J「玄関には石鹸を置いています。ディプティックのTAM DAOを。寝室には寝室の、リビングにはリビングの、場所ごとに香りをアレンジしていますね。今は若干カレー臭いですけど(笑)」

T「カレー? なんか結構、真面目にカレーを作るタイプっぽいですね…(笑)」

J「大真面目です。チキンのときはインドで、ビーフのときは欧風。スパイスを炒めているときが至福の時。歌手をクビになったらお店でもやろうかな。カレー屋じゃないですよ。おいしいカレーが食べられるバー」

T「気分が良くなるとママが歌っちゃうみたいなね。『ここのママ、武道館を満員にしたことがあるんだから~』ってお客さんが盛り上がっちゃって」

J「『もう、そんな昔の話やめてよ!』みたいな(笑)。いやいや、カレーの匂いじゃ女優気分にはなれないですね」

T「日常があるからこそ『女優』みたいな気分を味わうことが特別になるんですよ。秋冬、ここぞという時にぜひチャレンジしてみてください。次のトレンドは『アート』な気分…」

続きは9月20日に公開! お楽しみに。

▶ 最初のページへ
JUJU’s クローゼット バックナンバー
 

Photos:Suguru Kaibara Edit:Maki Saito Text:Yukiko Ito

 
profile

JUJU(じゅじゅ)
 
18歳で単身渡米。04年8月「光の中へ」でデビュー。09年「明日がくるなら」が映画『余命1ヶ月の花嫁』の主題歌に抜擢され、大ブレイク。JAZZアルバム第2作「DELICIOUS ~JUJU’s JAZZ 2nd Dish~」発売中。9月18日に24枚目となるシングル「Distance」をリリース。約3年ぶりの“悲恋バラード”となる新曲に乞うご期待。HP/www.jujunyc.net/ Twitter/@JUJUsonymusic

田中杏子(たなか・あこ)
 
Numéro TOKYO編集長。ミラノに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告などに携わる。ファッション・エディターのほか、広告のスタイリングやTV番組の司会などの職を兼務。2005年よりNuméro TOKYO編集長に就任。同誌ファッションページのスタイリングやブランドのアドバイザー、ディレクションなども行う。自身初となるファッションブック『AKO’S FASHION BOOK』が発売中!

Profile

Recommended Post

Magazine

#144_h1ec

March 2021 N°144

2021.1.28発売

Mother Nature

愛すべき自然とともに

オンライン書店で購入する