Fashion / JUJU's Closet

2013年秋冬のトレンドを予測!JUJU×田中杏子 対談①/JUJU’s closet vol.22

J「ドレスアップという考え方については、私はかなりアメリカ寄りの考え方なのかも。先日、クインシー・ジョーンズのトリビュートコンサートに出演させていただいたのですが、そのときあらためて思いました。日本人のドレスアップに対する感覚は、やっぱり海外のそれとはどこかズレている。良しあしは別として、日本のアーティストって衣装と私服の境界線が薄い気がします。私にとってステージの上で歌うことは非日常なことだから、そこに私服で出ると、お客さんがうっとりできないだろうなと思っちゃう。だから私はステージの上ではできる限り、お客さんに『いつか着てみたいな』と思ってもらえるような特別な服を着ようと思っているんです。思いすぎて、鳥人間のような衣装が出来上がっているわけです(笑)」

T「そこにエンターテインメント性の高さを感じちゃう。照明や音響と同じくらい、ファッションも含めて芸術なんだと思う。私は普段から服を仕事にしているから特に気になるのかもしれませんが。自分も含め空間を演出して観客を酔わせる…女優と似ていますね」

──空間が出来上がっていると、お洒落して会場に足を運ぶお客さんも多そうですね。

J「そう思ってもらえるとうれしいし、そういう機会になってほしいと願ってます!」

T「ジャズツアーは特に観客も気合いが入ったんじゃないですか? 次はオーケストラとのコラボレーションが控えているということで、クラシックですね」

J「いつもライブの衣装は作ってもらっていたのですが、今年はちょっと違うんです。ジャズコンサートもそうだったのですが、次のクラシックも素敵な衣装が待っているんです…」

T「気になる!」

J「今年に入ってからアルマーニさんが協力してくださっていて。次のクラシックのときもジョルジオ・アルマーニのロングドレスを着て歌います! デビアスのジュエリーもとっても素敵なので、注目して見てほしいです」

T「ジャズツアーの舞台裏はヌメロ・トウキョウでも取材させていただきましたからね(本誌2013年11月号に掲載)。あのときのドレスもアルマーニなんですね」

J「実はそうだったんです」

▶ お気に入りの香水はどこのブランド?

▶ 次のページへ
JUJU’s クローゼット バックナンバー

Profile

Recommended Post

Magazine

#144_h1ec

March 2021 N°144

2021.1.28発売

Mother Nature

愛すべき自然とともに

オンライン書店で購入する