憧れの女性像から最近買ったお気に入りCDまで告白! /JUJU’s closet vol.9 | Numero TOKYO - Part 5
Fashion / JUJU's Closet

憧れの女性像から最近買ったお気に入りCDまで告白! /JUJU’s closet vol.9

最近買ったCDでお気に入りの1枚とは?   T「今は、お買い物というとCDやレコードではなく、お洋服を買いに行っちゃう感じ?」   J「CDも買ってます(笑)。なかなかCD屋さんには行けなくなったんですけど、そこは便利なインターネットで」   T「最近買われたCDでお気に入りの1枚はなんですか?」   J「2011年にリリースされたんですけど、「Parallel Dance Ensemble(パラレル・ダンス・アンサンブル)っていう人たちの『Possessions and Obsessions』というアルバムをよく聴いていましたね。決して巧妙でない、どちらかというとラップ初心者のラップみたいなんですけど、歌詞の内容や後ろのトラックが絶妙で、ちょっととんちが効いていて、まるでニューヨークのウィリアムズバーグとかにいそうな白人の女の子たちがふざけてやっているラップみたいな感じなんですよ。あとはロバート・グラスパーのアルバムもよく聴いていますね」   T「パラレル・ダンス・アンサンブル、気になる! 買ってみようっと」   J「そのアルバムのリミックス集が去年出ました。大概オリジナルからリミックスになるときってもったいないと感じることが多いんですけど、これには「こうして欲しい」と思うすべての要素が入っていたんです。聴きながら曲の途中で何度もヘッドフォンを外して「超いいんだけど! 超いいんだけど!」って言っていました(笑)」   T「たしかにリミックス版もいいってなかなかないですもんね」   J「英語がわかる人だったら絶対、歌詞の内容にクスっとくると思います。韻の踏み方が幼稚なんですが、そこがまたいいんですよね。『conditions』っていうダメな男に引っかかった揚げ句その人に浮気されたときの曲も、女の子の心情の語り方がおもしろいんです」   T「なんだか設定を聞くだけでリアルな感じがしますね」   J「切ない曲もあるんですけど、すべてにおいて物の見方がシニカルなんですよね。諦観しているというか。それにぐっときたり、キュンとくる。ぜひ、おすすめです」   T「聴かなきゃ! 楽しみ。とんちの効いた英語がわかるように、がんばって勉強します」   ▶ JUJUが所望する15分丈のレギンスとは!?/続き   Photo:Sachie Maeda Edit:Maki Saito Interview:Yuko Fukui     JUJU's クローゼット バックナンバー

Profile

Magazine

SEPTEMBER 2022 N°159

2022.7.28 発売

Think Pink

ピンクは自由だ!

オンライン書店で購入する