People / Interview

ファッションに愛されたアーティスト、Sokoにインタビュー

フランス出身のアーティスト、Soko(ソーコ)。作詞作曲、演技、映像ディレクションなどクリエイティビティあふれる“表現”を続ける彼女。ファッションシーンからもラブコールが絶えず、新世代のファッションアイコンとしても注目を集めるSokoにインタビュー。LAで撮り下ろしたビジュアルとともにお届け。(「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」2017年4月号掲載)

#105_soko_0
#105_soko_0

──演技と音楽はどのように両立されているんですか?

「私はどちらかに専念することしかできないんです。音楽をやっていると台本も読めない。映画をやっているときは、実際すべての楽器を倉庫に入れて強制的に音楽を作らないようにしています。私にとって作詞作曲は自分のことを理解する上で欠かせないので、書くのをやめると感情が減少しキャラクターにとてもなりやすくなるんです」

──いまは音楽制作の期間?

「新しいアルバム制作の真っ只中。それ以外の事は何も考えられないです! ちょうど2年ぶりの新曲『sweet sound of ignorance』のMVを撮ったばかり」

──新しいアルバムはどのような作品ですか?

「制作に没頭して客観的に見られないから答えるのが難しいのだけど…とてもパーソナルでエモーショナル。歌詞は、ちょっと反社会的な部分もあるかもしれません。あとは過去の失恋から立ち直ろうとしている女性についてなど。チェアリフトのパトリック・ウィンバリーがプロデュースしてくれてMGMTのジェームス・リチャードソンなどもプレイしてくれています」

ファッションと音楽
好きな時代は80s

Photos : Janell Shirtcliff
Fashion Editor : Nao Koyabu
Edit : Yukino Takakura

Profile

Soko(ソーコ) フランス・ボルドー出身。31歳。2007年にファーストアルバムを発表以来、多くのミュージックフェスティバルに出演、本年には新アルバムもリリース予定。最近は女優としての活躍もめざましく、2016年カンヌ国際映画祭出品作「The Dancer (La Danseuse)」では、主演を務め、カンヌ国際映画祭にも出席。リリー・ローズ・デップとの共演も話題となった。独特なスタイルを貫く彼女は、ファッション業界からも注目を集めている。Instagram @sokothecat

Recommended Post

Magazine

#147_ec

June 2021 N°147

2021.4.28発売

Body Philosophy

からだのはなし

オンライン書店で購入する