37
People Interview

ファッションに愛されたアーティスト、Sokoにインタビュー

フランス出身のアーティスト、Soko(ソーコ)。作詞作曲、演技、映像ディレクションなどクリエイティビティあふれる“表現”を続ける彼女。ファッションシーンからもラブコールが絶えず、新世代のファッションアイコンとしても注目を集めるSokoにインタビュー。LAで撮り下ろしたビジュアルとともにお届け。(「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」2017年4月号掲載)

Photos : Janell Shirtcliff
Fashion Editor : Nao Koyabu
Edit : Yukino Takakura

#105_soko_02

──ミュージシャンと女優、それぞれを目指すようになったきっかけは?

「幼い頃から、ずっと自分の人生から逃げ出したいと思っていました。だから役になりきり、自身のことを忘れられる演技は心地の良い創作活動だったんです。どちらも始めたのは同時期で、5歳で父を亡くしたとき。母が私の気を紛らわそうと、演劇クラス、ピアノ、歌、ダンスなどいっぺんに習わせてくれたんです。19歳の頃から音楽に集中し始めました。演技よりもっとパーソナルな世界を作り上げた方が楽しいと思ったんです。今はいいバランスで両方とも楽しくできています」

──俳優業では昨年、伝説のダンサー、ロイ・フュラーを演じた『The Dancer』がカンヌで話題となりましたね。

「この作品はシナリオの段階から携わり、製作期間およそ6年をかけてようやく完成した一作。いままでで最もやりがいのある役だったので、さまざまなところから注目されてとても光栄でした」

──ダンサーの役作りはどのようにされたんですか?

「2ヶ月間毎日7時間のトレー二ングをして肉体的にも精神的にも追い込んでいきました。実は、ダンスは苦手。昔クラスで一番下手なデブ!と自分を思っていたほど。でもロイも自身の体型はダンサーとして充分に痩せていないと思い、美しいシルクのドレスで体を隠したことから、魔法ような表現を生み、時代のパイオニアとなったんですよね」

演技と音楽活動
どちらかにしか専念できない

Profile

Soko(ソーコ) フランス・ボルドー出身。31歳。2007年にファーストアルバムを発表以来、多くのミュージックフェスティバルに出演、本年には新アルバムもリリース予定。最近は女優としての活躍もめざましく、2016年カンヌ国際映画祭出品作「The Dancer (La Danseuse)」では、主演を務め、カンヌ国際映画祭にも出席。リリー・ローズ・デップとの共演も話題となった。独特なスタイルを貫く彼女は、ファッション業界からも注目を集めている。Instagram @sokothecat

Recomended Post