29
People Interview

サムライギタリストMIYAVI「固執や執着は壊し続けていきたい」

4月にデビュー15周年記念ベストアルバム『ALL TIME BEST “DAY 2”』をリリースし、現在ワールドツアー真っ只中のMIYAVI。さらには公開中の木村拓哉主演映画『無限の住人』の主題歌を手がけるなど、世界を舞台に挑み続けるMIYAVIというアーティストの魅力をひも解く。

Photos:Mayumi Taka
Styling:Tsuyoshi Takahashi
Hair & Makeup:Dai Michishita
Interview & Text:Atsuko Udo
Edit:Masumi Sasaki、Saori Asaka

ステージ上で見せる熱いパフォーマンスとは裏腹に、素顔の彼には凛とした静けさが漂う。非常にロジカルで、頭の良さは1分も話せばよくわかる。スタイルは狂気でも、本人はごく正気。いや、狂気の真裏にある正気か、狂気があればこその正気なのか。とにかく、そんな危ういバランスが美しい。世界を舞台に活躍し、今年デビュー15周年という節目を迎えた、サムライギタリストMIYAVIという人物に迫る。
※「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」2017年1・2月合併号掲載記事より

miyavi_02

反抗する理由はなかった

──MIYAVIさんというと、常に熱いイメージがありますが、小さい頃はどんな子どもでした?

「僕はね、反抗期と呼べる時期がほとんどなかった」

──それは驚きです。

「反抗する理由がなかった、というのかな。音楽も始めていたし、学校も適当にサボっていて、やりたいことはやっていたので。しいて反抗といえるのは、一度家出をしたくらい。それも親への反抗心ではなく、日常と違うことをしてみたかったから。15歳の時にはすでに音楽で食べていくと決めていたんだけど、学校では進学クラスに在籍していて、クラスには東大とか京大を目指すヤツらばかり。勉強は好きだったけど、今いる環境は自分の望む未来にはつながらないな、全部捨ててどっかいっちゃおうか、なんてことを考えていたときに、仲のいい同級生と授業が終わって会ったら、髪の毛が真っピンクになっていて『俺、家出するんだ』って(笑)。シンクロニシティだったんでしょうね。それなら、と二人で四国や神戸、和歌山と、時に野宿しながら1カ月以上、旅しました」

──帰った時、お母さんの反応は?

「探していたようですが、怒りはしませんでした。夜行バスで上京すると突然決めた時も、直前に電話で話した母親は『気ぃつけや』と言うものの、止めはしなかった。めちゃめちゃ心配してたと思いますが、何より僕の意思を尊重してくれていた。そんな背景から、子どもに対する寛容さ、子どもを一人の人間として尊重する姿勢は学んだ気がします」

アーティストに向いてない!? 

ジャケット/Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン クライアントサービス) リング/本人私物

Profile

MIYAVI(みやび) アーティスト / ギタリスト。 エレクトリックギターをピックを使わずに全て指で弾くという独自の“スラップ奏法”でギタリストとして世界中から注目を集め、約 30 カ国 300 公演以上のライブ、5 度のワールドツアーを成功させた。2015 年にアルバム『The Others』、16 年に 8 月には Lenny Skolnik をプロデューサーに迎え『Fire Bird』を発表。また、映画『Unbroken』(アンジェリーナ・ジョリー監督/16年2月 日本公開)では俳優としてハリウッドデビュー。他にも、映画『Mission: Impossible ‒Rogue Nation』日本版テーマソングのアレンジ制作をはじめ、さまざまなアーティスト作品へ参加。最新作は、ベストアルバム『ALL TIME BEST “DAY 2”』、映画『無限の住人』(三池崇史監督)の主題歌。

Recomended Post