People / Interview

Chara&HIMIインタビュー「初めての音楽監督。主題歌にはHIMIが参加する意味があると思った」

大橋裕之のマンガ『ゾッキA』『ゾッキB』を原作に、竹中直人、山田孝之、齊藤工が監督した映画『ゾッキ』。この作品で音楽監督を担当したのは、ミュージシャンのChara。主題歌の『私を離さないで』では、俳優・ミュージシャンとして活躍する実の息子、HIMIをフィーチャー。今回は主題歌を歌う二人に、制作秘話と音楽のある暮らしについて聞いた。

「何かにしがみついて生きる映画だと感じたから、HIMIが参加することが美しいと思った」

──『ゾッキ』の音楽監督は竹中直人さんからオファーされたそうですが、その経緯を教えてください。

Chara「竹中さんの誕生会で、私とHIMIがサプライズで歌を歌ったりしていたんですけど、2年ぐらい前かな、竹中さんから大橋さんの原作で映画を作りたいから、お願いしますという話があったんです。私は映画の音楽監督の経験がなかったんだけど、竹中さんが直感で私だと思ったらしくて。普通の映画音楽じゃない作り方をして欲しいのかなと思って、すぐにOKしました」

──実際の作業は、3人の監督が決まってから?

Chara「映画音楽は映像ありきの音楽だから、ミュージックビデオとは違いますよね。脚本を読んで、このシーンには音が必要だと思っても、監督は必要ないと言うかもしれない。反対に、このシーンには音が必要だと私が提案することもありました。今回、3人の監督がいたんですけど、竹中監督はこのシーンにはこんな音がほしいとオーダーしてくれて、齊藤監督もテンポはこのくらいとか指示してくれたんだけど、山田監督はそれが全くなくて。でも、ここには多分、音がいるだろうなって考えて、レコーディングで確認してもらうという感じで、3人ともやり方が違いました」

──サントラにはLeyonaさんや仲井戸“CHABO”麗市さん、Salyuさんなどたくさんのミュージシャンが参加されてますね。

Chara「この映画に欲しい声の人にお願いしました。CHABOさんは竹中監督からの提案で、私もすごくいいと思ったから。竹中監督も音楽愛の人なんですよ。この映画にはHIMIをはじめ、AAAMYYY、ermhoi、Julia Shortreed、ドミコ、MELRAWやドレスコーズという、インディーズシーンで活躍しているミュージシャンにも多く参加してもらいました。テレビでよく見かける人じゃないかもしれないけど、あまり音楽を聴かない人が、彼らを知る機会になるんじゃないかと思って。劇中で流れるのは、数十秒くらいですが、全てひとつの曲として仕上げたので、サウンドトラックも一枚のアルバムとして聴いてもらえると思います。アルバムから映画を観る人もいるかもしれませんね」

──主題歌の『私を離さないで』は、息子であるHIMIさんが参加しています。HIMIさんをフィーチャリングした理由は?

Chara「この映画からは『何かにしがみついて生きている』というテーマを感じたんです。私は音楽が大好きだから、音楽には嫌われたくないし、音楽にはしがみついている。家族もそうです。考えてみると、HIMIは赤ちゃんの頃、私の子宮にしがみついて誕生したわけですよね。だから、親子ってしがみつき合ってるとも言えるから、この曲にHIMIが参加する意味があるし、それが美しいと思いました。曲は、私がだいたいのメロディを考えて、タイトルも決めていたけど、サビの部分がなかなか決まらなかったんです。HIMIがその日、たまたま家にいるタイミングだったので、一緒にやらない?と誘って」

HIMI「同じ家で暮らしているので、気軽に引き受けたんですけど、もともとの曲も良かったので、すぐに出来ました」

Chara「私だったらもっと細かいメロディにしちゃうけど、彼が歌ってくれたメロディは、私が求めていた大きな流れのものだったんです。だから、すぐに完成しました。よく家でも簡単なレコーディングをするんですよ。Salyuの曲も、うちで録った歌が映画館で流れます。CHABOさんもうちに来てくれて」

HIMI「その時、外出していたんですけど、家に帰ったらCHABOさんのピックが残ってたんです」

Chara「それはお宝だね」



「友達が集まって、自然にセッションが始まる」「独特だけど、最高の家庭」

──ご自宅には、よくミュージシャンが来るんですか?

Chara「コロナ以前は、人が集まって美味しいものを作って食べて、自然に演奏が始まることがよくありました。なんせお母さんがミュージシャンだから、遊びに来る友達もミュージシャンが多くて」

HIMI「毎年、クリスマスはそんな感じだよね」

Chara「今はコロナだから、ファミリーのような人しか来ないですけど、何人か集まったら演奏が始まって。この前も、親戚の子が受験で上京したついでに遊びに来たんですけど」

HIMI「セッションしようぜ!って(笑)」

Chara「HIMIがピアノを弾いて、私はその横で踊って(笑)。そういうことが普通なんです。まあ、独特かもしれないけど、お母さんがミューシャンだったり、楽器が好きだったりするお家はそうなるかも。一緒にピアノを弾こうかとか」

HIMI「独特だけど、最高の家庭です。俺、ピアノは母ちゃんに教えてもらったんですよ。ギターは父ちゃんと、周りの大人から」



「それぞれに違うミュージシャン仲間がいて、それがたまに交差するから面白い」

──HIMIさんが表現者の道に進むと決められた時、おふたりでお話はされたんですか?

Chara「何も。最初は、寺山修司さんの『書を捨てよ町へ出よう』という舞台のオーディションに受かったと言うから、え、経験もないのに大丈夫?って」

HIMI「めっちゃ不安だったけど、楽しかった」

Chara「パリ公演もあるような舞台で、驚いて観に行ったら、ちゃんとやれてて。小さい時から歌詞を覚えるのは早かったし、人前で何かするのは好きなんだろうなとは思っていました」

──HIMIさんはミュージシャンとしても活動していますが、CharaさんとHIMIさんが共通する点、違うと感じるところは?

Chara「違うのは若さ。私とHIMIでは世代が違うから、お互いに違う繋がりがあって面白いですよ。最初に(常田)大希を紹介してくれたのはHIMIだったけど、大希が主宰するレーベル『PERIMETRON』のひとりが、HIMIと『ASILIS』というレーベルを運営していて。フジロックのときに『大希がCharaのファンだから』と、楽屋へ連れて行ってくれたんです」

HIMI「懐かしいな」

Chara「そのレッドマーキーのステージが、すごく良くて。フジロックではKing Gnuとアンダーソン・パークがよかったな。大希たちは、そこからバーンと売れたね」

HIMI「そのときもバーンと来てたよ」

Chara「millennium paradeの『Fly with me』という曲では、HIMIがリードボーカルを担当しているんですよ。お互いに違うミュージシャン仲間がいて、それがたまに繋がったりするから面白いですよね。共通するのはなんだろう。すごく音楽愛があるところかな。でも、作る音楽は全然違う」

HIMI「やっぱり違う人間が作るから。でも、いい声が好きというのは一緒」

Chara「HIMIも楽器が大好きだよね。二人ともグルーヴが好き。美しい曲だったらジャンルも何も関係ない」

──HIMIさんが表現者としてCharaさんから影響を受けた点は?

HIMI「雰囲気、バイブスですね。いろんな人と仲良くして、でも自分の思いはちゃんと伝える。そういう生き方をリスペクトしています」

「母ちゃんだけど、女の子」

──同じ表現者だけど、家族ですが、どちらの側面が大きいですか。

Chara「同業者という感じはしないかな。家族ですね」

──HIMIさんは、Charaさんに反発したりするんですか?

HIMI「毎日してますよ」

Chara「お母さんはうるさいのが役割だから(笑)」

HIMI「コミュニケーションです」

──では、HIMIさんにとってCharaさんとは?

Chara「お、出た。難しい質問ですね」

HIMI「Charaさんとは、ママです」

Chara「HIMIに誕生日にプレゼントもらったんです。それが2つのブローチだったんです。ひとつは木のブローチで、それはHIMIを意味しているんですって。もうひとつは、風になびいてる女の子で、母ちゃんぽいからって」

HIMI「年齢を重ねても、女の子感が常にあるじゃないですか」

Chara「(笑)」

HIMI「息子ながらに思います。母ちゃんだし、女の子」

Chara「いい答えが出ました〜」

映画『ゾッキ』オリジナル・サウンドトラック

アーティスト名:Various Artists
[CD]
品番:PCCR-00706
価格:¥2,200円
[LP]
品番:PCJA-00083
価格:¥3,300(税込)
LP販売特設サイト

『ゾッキ』

りょうこ(吉岡里帆)は東京での結婚生活が破綻し、離婚して実家に戻ってきた。りょうこの祖父(石坂浩二)は石鹸で手を洗うたび、幼少期に誘拐された事件を思い出す。一方、古い木造アパートの部屋を出て、ママチャリの荷台に寝袋を括り付けて旅に出る男、藤村(松田龍平)。彼は隣室の伊藤(鈴木福)に「あてがないというアテを頼りに、とにかく南へ」と言い残して旅に出る。原作者の大橋裕之の地元・愛知県蒲郡市を舞台に、どこか不思議で優しく切ないエピソードが続く。ラストに待ち受けている、奇跡的な出会いとは……。

監督/竹中直人、山田孝之、齊藤工
原作/大橋裕之『ゾッキA』『ゾッキB』
脚本/倉持裕
音楽監督/Chara
出演/吉岡里帆、鈴木福、満島真之介、柳ゆり菜、南沙良、安藤政信、ピエール瀧、森優作、九条ジョー(コウテイ)、木竜麻生、倖田來未、竹原ピストル、潤浩、松井玲奈、渡辺佑太朗、石坂浩二(特別出演)/松田龍平/國村隼

©映画『ゾッキ』製作委員会

衣装(CHARA):スプリングコート¥91,000/Toton(ル・シャルム・ドゥ・フィーフィー・エ・ファーファー(03-5774-0853)シアートップス¥36,000/STAIR(ステア info@stair.tokyo)

 

 

Photos: Takehiro Goto Hair & Makeup: Kazuto Sugita(POOL)Styling: Shohei Kashima Interview & Text: Miho Matsuda Edit: Yukiko Shinto

Profile

Charaちゃら 1991年9月、シングル「Heaven」でデビュー。オリジナリティ溢れる楽曲と独特な存在感により人気を得て、ファッションでも注目を集め、 1992年の2ndアルバムでは日本レコード大賞ポップ、ロック部門のアルバム・ニューアーティスト賞を受賞。1996年には女優として出演した岩井俊二監督の映画「スワロウテイル」が公開され、劇中のバンドYEN TOWN BANDのボーカルとして参加して制作されたテーマソング「Swallowtail Butterfly~あいのうた」が大ヒットとなる。1997年のアルバム「Junior Sweet」は100万枚を超えるセールスを記録。2020年2月にはYUKIとのユニット・Chara+YUKI名義でミニアルバム『echo』リリース。洋楽カバーを含EP『Inner Peace』も配信。2021年1月、平岡恵子とのユニット jOnOとして「Birthday Card」「Get Your Key」の2曲を配信リリース。2021年はデビュー30周年を迎える。
HIMIひみ 1999年生まれ。シンガーソングライター。2020年1月PERIMETRONの企画プロデューサー、西岡将太郎と自主レーベル「ASILIS」を立ち上げる。millennium paradeの楽曲『Fly with me』にボーカルとして参加。シングル「get it away」、「Sun is going down」、ミニアルバム「STEM」をリリース。最新シングル「What if」が配信中。「佐藤緋美」名義で俳優としても活躍。2018舞台「書を捨てよ町へ出よう」で初主演し、映像では関根光才 長久充 松井大悟など数々の監督作に出演。独特な雰囲気を持つ役者として活動中。

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する