People / Interview

役所広司・仲野太賀インタビュー「人間の優しさで、つらいことのすべてがひっくり返ることがある」

国内外で注目される西川美和監督の新作映画『すばらしき世界』が公開される。道を外れた人間が更生しようとしたとき、社会は彼を両手を広げて受け入れることができるのか。刑務所を出所した元ヤクザの三上を演じる役所広司と、三上をドキュメンタリーの題材にしようと近づく、テレビマンの津乃田を演じる仲野太賀にインタビュー。

役所「西川監督は自分の撮るべきものに対して、いい意味で頑な人」

──お二人は西川監督とタッグを組むのは初ですか?

役所「僕は初めてだけど、太賀くんは2回目だよね」

仲野「以前、西川監督のドラマに参加させてもらったんですけど、ちゃんとご一緒させていただいたのは今回が初です」

──西川監督の印象はいかがでしたか?

役所「今までの作品を観て、信頼できる人だと思っていました。これまでオリジナル脚本だった西川監督が原作のある作品を撮るのは初めてだということで、ご本人は手探りでやっているような雰囲気を出していましたが、実際はほぼ迷っていなかったと思います。自分の撮るべきものに対して、いい意味で頑な人でした」

仲野「監督は、細かい演出というよりは、最後まで一緒に並走してくれた印象がありました。津乃田の役が僕に決まった時点で、僕に託してくれたんだと感じています」

──三上と津乃田の交流が物語の鍵になりました。撮影現場ではどんな交流をされましたか。

仲野「津乃田がカメラを通して三上の姿を追っていたように、僕も役所さんの姿を目に焼き付けておきたいと思って、撮影のない日も撮影現場を見学していました」

役所「太賀君は映画青年で、映画が大好きだから、彼のシーンがない日もずっと現場にいたんですよ」

仲野「撮影中にふと我に返ると、役所さんがあまりにも偉大すぎて萎縮じゃないんですけど、自分が自分でいられなくなる瞬間があったんです。だから、一人の人間として役所さんと接することができるように、なるべく同じ時間を過ごして。メイキングのカメラを回したり、あれこれいろんな手で役所さんをずっと追っていました」

役所「あらためてそう言われると、恥ずかしいよね(笑)」

──役所さんが演じる元ヤクザの三上は粗暴なところがありながら、人から愛される人物でした。彼が人を惹きつける理由は何だったのでしょう。

役所「彼の正義感ではないでしょうか? ちょっと困っちゃう正義感なんですけど。例えば、街でサラリーマンがチンピラに絡まれていたら見過ごすことができないんです。見ないふりをして安全に生きている人間からすると、危なっかしくて、一緒にいるとはた迷惑なところもあるんですけど、三上は躊躇なく当たり前のように人を助けてしまう。そんな真っすぐな性格の彼に手を差し伸べたくなるんじゃないんですかね」

仲野「津乃田はドキュメンタリーの取材対象として三上に近づくんですけど、最初は元ヤクザで前科者という先入観が強烈にあって。彼の暴力的な一面も目撃するわけですけど、涙もろいところやミシンを上手に操る可愛らしい側面に触れて、津乃田は三上に惹かれていくんです。一言で表せない人間の複雑さや、ある意味の豊かさみたいなものが三上に集約されているような気がしました。普通の人が躊躇してしまうところを、三上はアクセル全開で行っちゃったりして。もし自分がこんなふうに生きられたらどうだったんだろうと、そんな目で見てた気がします」

仲野「一生出会わない人が作った映画で、救われることだってある」

──今作は、高齢の出所者や、道を誤った人を社会がどう受け入れるのかという問題提起もでもありますが、特に印象に残ったことは。

役所「テレビでは毎日のように、殺人事件や育児放棄、幼児虐待のニュースが流れています。逮捕されたら塀の向こう側で服役する可能性があるわけですが、いずれ社会に戻ってきますよね。毎日これだけ事件があるんだから、もしかしたら出所した人は周りにたくさんいるのかもしれません。でも、検挙された人の再犯率は約5割なんです。シャバは生きづらくて戻ってしまうんでしょうね。社会に戻ってきたときに、手を差し伸べる人がいる三上は幸せなんだとつくづく思いました」

仲野「道を踏み外してしまうことは誰にでも起こりうることで、遠い話ではなくて実は案外すぐそこにある闇なんじゃないかと感じました。それで懲役だったり社会的な制裁が課されるけれど、出所してからも社会に弾かれ続けていくというのは、すごく違和感を覚えます。何か起これば、メディアは鬼の首を取ったかのように連日報道していく。不寛容な社会の象徴です。人間の優しさって他にあるはずですよね。この作品は、道を外した人に手を差し伸べる人がいることがどれほど尊いことであり美しいことであるか、フィクションだからこそできる世界の証明だと思います。ラストシーンは西川監督の願いのような気がしています」

──お二人にとって「世界のすばらしさ」とは?

役所「今作の三上にとって母の不在は大きなものでした。本来は大人が子どもを守り、年老いた人は若い人に守られる。それがすばらしい世界だと思うのですが、それが今は少なくなりましたね。人間は冷たくてひどいこともするけれど、温かみも表現できる動物なんです。だから、捨てたもんじゃない。まだ希望はあると思います。この作品で、三上の周囲の人は、彼に手を差し伸べても何の得にならないのに三上を助けようとします。そうすることで、自分も何か救われるところがあるんじゃないでしょうか。三上も、人間の温かさがあったから助けてくれる人に出会えたんだろうし、それがなくなったら、それこそ世界の終わりなのかもしれないですよね」

仲野「毎日の生活は8割つらいことがあっても、残り2割、人間の優しさですべてがひっくり返るようなことがありますよね。毎日悲しいニュースがあふれて、コロナ禍で世界中が窮屈さを抱える中で、映画や音楽などに救われたと思える瞬間があるんです。僕が映画好きなので、そう思うのかもしれないけれど、国や宗教もまったく違う、もしかしたら一生出会わない人が作ったもので救われることは確かにあると思います」

役所「コロナ禍で、やはり僕らは映画界のことが心配です。自分が役者をしていることもあるけれど、今まで映画が教えてくれたことがたくさんあって。確実に映画の力強さというものはあると思うんですよ。コロナだけじゃなくて、20年、30年後がどうなっているのかわらかない状況ですが、みんなで力を合わせて映画を守っていかないといけないと思いますね。映画はなくなってほしくないと思います」

西川美和監督インタビュー&映画『すばらしき世界』の作品情報はこちら

衣装〈役所広司〉ジャケット パンツ/ともにRalph Lauren (ラルフ ローレン 表参道 03-6438-5800)
〈仲野太賀〉スーツ¥420,000 シャツ¥66,000 ネクタイ¥21,000/以上Dior (クリスチャン ディオール 0120-02-1947)

Photos:Kiichi Fukuda Styling:Tomoko Yasuno(Koji Yakusho), Dai Ishii(Taiga Nakano) Hair&Makeup:Katsuhiko Yuhmi(THYMON Inc.)(Koji Yakusho), Masaki Takahashi(Taiga Nakano) Interview & Text:Miho Matsuda Edit:Sayaka Ito

Profile

役所 広司Koji Yakusho 1995年に映画『KAMIKAZE TAXI』で毎日映画コンクール男優主演賞受賞。96年『Shall we ダンス?』などで国内主演男優賞 独占。以後、国際映画祭への出品作にも多数出演。本作『すばらしき世界』ではシカゴ国際映画祭で最優秀演技賞を受賞。2012年に紫綬褒章受章。『峠 最後のサムライ』が6月18日(金)に公開予定。
仲野 太賀Taiga Nakano 2006年に俳優デビュー。主な出演映画に『桐島、部活やめるってよ』(12)、『淵に立つ』(16)、『南瓜とマヨネーズ』(18)、『タロウのバカ』(19)、『今日から俺は!! 劇場版』『生きちゃった』『泣く子はいねぇが』(すべて20)など。『あの頃。』が2月19日(金)より公開予定。

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する