18
People Interview

エリザベス ペイトンが描くアイコンたちの肖像

エリザベス ペイトンが描くアイコンたちの肖像

現在、原美術館にて開催しているエリザベス ペイトンの日本の美術館初の個展「エリザベス ペイトン:Still life 静/生」。90年代前半から、時代のアイコンや身近な恋人などを独自のタッチで描き続けてきた彼女は、対象をどのように捉え、何を描き出そうとしているのか。

Photos:Motohiko Hasui
Interview&Text:Etsuko Soeda
Edit:Masumi Sasaki

今回の個展では、画家としてのキャリア25年の間に生まれた作品から42点が一堂に会する。なかでも彼女の代名詞でもある肖像画は自身にとっての“憧れ”や“美”を描き、友人から歴史上の人物、ミュージシャン、役者など現代のカルチャーアイコンまで、その対象は多岐に及ぶ。90年代半ばには時代に新風をもたらす“新しい具象画”と称され、話題を呼んだ。そこから20年という時を経て、エリザベス ペイトンのいまの思いとは?

あがきもがいて生まれた作品群

──日本で初となる個展ですが、どんな心境ですか?

「正確には1990年代に小さなギャラリーで個展をしたことがあります。でもこれだけでの規模での展示は初めてのこと。原美術館は、落ち着いた佇まいで心地よい親密性がありながらも、どこか特別な場所でもあり、私の作品を引き立ててくれるという確信がある。ここで個展ができることを幸運だと思うし、周りの人々がとても私の思いを尊重してくれることに感謝しています」

──展示作品はどのように選びましたか?

「今回は25年という私のアーティストとしてのキャリアを網羅するよう作品を選びました。これまで描き続けてきたなかで、特に強く感情を揺さぶられたものを集めました。そして、選定したリストを何度も見直すなかで、ふと気づいたのは、選んだ作品がどれもすごく大変な思いをして描きあげたものばかりだったということ。完成までに長い年月がかかったもの、途中でやめてしまおうかと思ったものなど、私のキャリアの中で大きな意味を持つ作品です」

「The Age of Innocence」2007 板に油彩 36.2×25.4cm
The Brant Foundation, Greenwich, CT © Elizabeth Peyton, courtesy Sadie Coles HQ, London; Gladstone Gallery, New York and Brussels; neugerriemschneider, Berlin

──画家としてのターニングポイントを象徴する作品とは例えば?

「『The Age of Innocence』は、2005年に描き始めてから完成まで2年かかりました。最初は全然しっくりこなくて、いろいろなものを足していった結果、ようやく完成にたどりつくことができた。特に2人の人物がキスをしている場面を描くというのは、まるで夕焼けの美しさを捉えるような難しさでした。誰もが見て美しいと感じるその光景に、作品としての意義を見出すことが必要だったから。それと『Julian』は、5回書き直して6度目にやっとこれだというものを得られました。これだけもがいた理由はいろいろあるのだけれども、最終的にやり遂げられたということに大きな意味があると思っています」

なぜ人物を描き続けるのか?

Profile

 Elizabeth Peyton(エリザベス ペイトン) 1987年、ニューヨークのスクール オブ ヴィジュアルアーツを卒業。主な個展に「Here She Comes Now」展(バーデン バーデン州立美術館 ドイツ 13年)や版画に焦点をあてた2011年の回顧展「Ghost」展(ミルドレッド レーン ケンパー美術館 セントルイス アメリカ、オペルヴィレン財団 リュッセルスハイム ドイツ)などがある。また、主要回顧展に、09から10年にかけて各地を巡回した「Live Forever」展(ウォーカー アート センター、ミネアポリス)、ニューミュージアム(ニューヨーク)、ホワイトチャペルアートギャラリー(ロンドン)、ボネファンテン美術館(マーストリヒト、オランダ)がある。日本では、Gallery Side 2にて個展(97年)、「エッセンシャル・ペインティング」展(国立国際美術館、2006年)に参加。17年、ローマ フランス アカデミー「ヴィラ メディチ」にて個展開催予定。

Recomended Post