Culture / Editor's Post

エディター発 モードな事件簿「マリーザ・モンチの新譜とサボテン型アロマデフューザー」

小誌エディターの気になる最新トレンドや撮影の裏話まで、鋭い視線を盛り込んだトピックスをお届け!(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2021年10月号掲載)

アートワークもおしゃれなマリーザ・モンチの新譜『ポル タス』。
アートワークもおしゃれなマリーザ・モンチの新譜『ポル タス』。

おうちLIFEにラテンのご機嫌なノリを投入して
かろうじて乗り切った夏

リモートワークが続き、外出も控えめ。夏らしいことも楽しめない……ということで、家のなかでラテンなノリを投入し上げ気味に。Spotifyの私的プレイリストのなかでもリピート再生しているのがブラジルの歌姫、マリーザ・モンチの新譜。聴くだけで夏の終わりのサウダージな気分を満喫できます。

香りは「バレンシアの太陽」ほか3種類。アロマ デフューザー「オプンティア」¥41,800 水差し¥19,800/ ともにLladró(リヤドロジャパン 03-3569-3377)
香りは「バレンシアの太陽」ほか3種類。アロマ デフューザー「オプンティア」¥41,800 水差し¥19,800/ ともにLladró(リヤドロジャパン 03-3569-3377)

そしてスペインのポーセリンアートブランド、リヤドロで見つけたのがサボテン型アロマデフューザー。なんでもサボテンの花が咲くのは1日限りらしく、その瞬間を磁器で表現したというロマンティックな逸品。同じく磁気製のアロマオイル用の水差しもあり、生き物を育てられない私のようなズボラさんにもおすすめです。

「モードな事件簿」をもっと読む

Profile

古泉洋子Hiroko Koizumi ファッション エディトリアル・ディレクター。モード誌から女性誌、ティーン誌まで幅広い雑誌での編集経験を持つ。2017年秋より『Numero TOKYO』に参加し、ファッション・エディトリアル・ディレクターも務める。モードをリアルに落とし込むことを得意とし、著書に『スタイルのある女は、脱・無難! 87 Fashion Tips』(講談社)など。イタリアと育った街、金沢をこよなく愛する楽観主義者。趣味はサッカー観戦。

Recommended Post

Magazine

151_h1_520

NOVEMBER 2021 N°151

2021.9.28発売

Sweet Dreams

夢の続きを

オンライン書店で購入する