Food / Editor's Post

食いしん坊エディターお墨付き! 人気ケータリング、田中美奈子の料理本が発売

Numero TOKYOのファッション撮影でも1、2の人気を争う、料理家・田中美奈子さんのケータリング。野菜をたっぷりと使ったヘルシーかつボリューミーなメニューは、Box入りでヴィジュアルもおしゃれなので、お願いするたびに撮影現場でも大好評。これまでさまざまなところのケータリングを試していますが、圧倒的な満足感なのです。

現在発売中のNumero TOKYO 2020年6月号で、心地よいサマーホリデーファッションを提案したテーマ「家で過ごそう」の撮影時にも田中さんのケータリングをオーダー。

Photos:Saki Omi
Photos:Saki Omi

フラワープリントの服を纏ったモデルたちが、美味しくいただくシーンも掲載しています。

Photos:Saki Omi
Photos:Saki Omi

田中さんのケータリングはロケやイベントを主体にしているので、個人でのオーダーはなかなか難しいのですが、このBoxケータリングの秘蔵メニュー123点を掲載したレシピ本が、5月22日(金)に発売されるという嬉しいニュースが!

『ケータリング気分のBox Food』
著者/田中美奈子
本体価格/¥1,500
発行/文化出版局

撮影現場は食事をいただくタイミングが難しいので、届いてすぐに食べられないことも。そういうことも考慮した冷めても美味しいメニューは、お弁当にもぴったり。「チキンと野菜のドライカレー」(写真)ほか、「チヂミ入り! 混ぜて味わうコリアン弁当」「きのこピラフとマーマレードチキンのカラフル弁当」など試してみたくなるものばかり。

玉ねぎ、にんじん、ポテトなど、素材別のレシピもあるので、冷蔵庫にある食材を活用しやすいように構成されています。

#stay homeで料理に目覚めた!という人も多いはず。相当な食いしん坊である私もおすすめの田中美奈子さんのレシピ、ぜひお試しあれ!

Profile

古泉洋子Hiroko Koizumi ファッション エディトリアル・ディレクター。モード誌から女性誌、ティーン誌まで幅広い雑誌での編集経験を持つ。2017年秋より『Numero TOKYO』に参加し、ファッション・エディトリアル・ディレクターも務める。モードをリアルに落とし込むことを得意とし、著書に『スタイルのある女は、脱・無難! 87 Fashion Tips』(講談社)など。イタリアと育った街、金沢をこよなく愛する楽観主義者。趣味はサッカー観戦。

Recommended Post

Magazine

#143_h1ec

JANUARY / FEBRUARY 2021 N°143

2020.11.27発売

Allure me

写真のチカラ

オンライン書店で購入する