Food / Feature

印度カリー子考案! 本格スパイス料理レシピ「タンドリーチキン&キャベツのポリヤル」

誰でも簡単に美味しいスパイスカレーが作れる! 印度カリー子が見つけた4つのポイントとともに、彼女直伝の本格スパイスを使ったレシピをお届け。Vol.4は、スパイスカレーに欠かせない、タンドリーチキンとキャベツのポリヤル。(『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』2019年12月号掲載)

漬け込んで焼くだけ!

タンドリーチキン

【材料】4人分

・パウダースパイス
パプリカパウダー 大さじ1
ガラムマサラ 小さじ1
ブラックペッパー 小さじ1/4
チリペッパー 小さじ1/4
ターメリック 小さじ1/4
クミン 小さじ1/2
コリアンダー 小さじ1/2(あれば)
※クミンとコリアンダーがなければ、ガラムマサラを小さじ1増やす。

手羽元 8本(約500g)
ヨーグルト 100g
レモン汁 小さじ1
塩 小さじ1
サラダ油 大さじ1

【作り方】

1. 材料すべてをよく混ぜ合わせ、最低1時間から一晩漬ける。
2. 1を天板に並べ250℃に予熱したオーブンで25分焼く。

スパイスの香り感じる

キャベツのポリヤル

【材料】4人分

・ホールスパイス(あれば)
マスタードシード 小さじ1
カレーリーフ(生) 10枚

・パウダースパイス
ターメリック 小さじ1/4
チリペッパー 小さじ1/4

キャベツ(ざく切り) 1/4個
しょうが(みじん切り) 1片
にんにく(みじん切り) 1片
サラダ油 大さじ1
塩 小さじ1/4〜
ココナッツファイン 大さじ2

【作り方】

1. フライパンにサラダ油とマスタードシードを入れて中火にかけ、弾け始めたらカレーリーフ、しょうが、にんにくの順でフライパンに加える。
2. 香りが立ってきたら、キャベツ、塩、パウダースパイスを加えて炒める。
3. キャベツがしんなりしてきたら、ココナッツファインを加えて混ぜる。

Point!
・漬けた状態で約1ヶ月冷凍保存できる。自然解凍してから焼く。
・オーブンがない場合は骨なしの鶏もも肉を使い、フライパンに油をひいて両面をよく焼く。

印度カリー子が伝授! カレーで感じるスパイスの魅力

Photos:Kenji Mimura Text:Shiori Fujii Edit:Saki Shibata

Profile

印度カリー子IndoCurryKo スパイス初心者のための会社 香林館代表取締役。1996年生まれ。「スパイスカレーをおうちでもっと手軽に」をモットーに、初心者のためのオリジナルスパイスセットの開発・販売をする他、商品開発マーケティング、コンサルティング、料理教室運営など幅広く活動。現在は東京大学大学院で食品科学の観点から香辛料の研究中。indocurryko.net

Recommended Post

Magazine

ec

JULY / AUGUST 2020 N°138

2020.5.28発売

Time is Precious

時間が教えてくれること

オンライン書店で購入する