ダークロマンティックな「Sretsis」三姉妹の東京散歩 | Numero TOKYO - Part 2
Fashion / Post

ダークロマンティックな「Sretsis」三姉妹の東京散歩

ブランド設立15周年を迎える「Sretsis(スレトシス)」。クリエイティブディレクターのPim(次女)、Matina(三女でジュエリーライン「Matina Amanita」のデザインを手がける)、そしてKly(長女でブランドのブランドマネージメントを一手に引き受ける)が来日。渾身の最新コレクションについて、また大の東京マニアの3人がオススメするスポットを聞いた。

Kly
Kly
「カウントレス」と語るように、何度となく来日経験のある「スレトシス」三姉妹。彼女たちフィルターを通した東京の魅力って? 3人がおすすめするスポットを案内してもらった。それぞれの場所を楽しむ際の彼女たちのスタイリングにも注目!
Sretsis Inn 4
Sretsis Inn 4
三姉妹の東京のホーム 「Sretsis Inn」 「本コレクションとルームウエアのライン「Sincerely Yours」を取り扱う店舗は、アールデコの様式で、ホテルをテーマにした3階建てなの。ファニチャーはカスタムメイドしたものがほとんど。Globe Antiquesというアンティークショップで見つけた一点物のミラーなどを取り入れたり、とにかく私たちのこだわりが詰まった場所よ」(Pim) 「この青山というエリアも、本当に気に入っているわ。ラグジュアリーブランドがたくさん並び、ここでしか出合えないようなユニークなショップがたくさんあって。現代的な建築がある一方で、すごく閑静で昔ながらの風景も残っている。こんなエリアほかにはあまりないと思う」(Kly) スレトシスイン 住所/東京都港区南青山3-15-15 TEL/03-5775-7550 URL/www.sretsis.com  
Buly 1
Buly 1
Buly 4
Buly 4
お気に入りのショップ L'Officine Universelle Buly 「パリで見つけて以来のお気に入りのショップなの。つい最近東京にもオープンしたのがとっても嬉しい。美しいパッケージデザイン、魅惑的な香り、天然素材、そしてカスタムできるプロダクトは贈り物にも自分へのごほうびにも◎」(Pim) オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー本店 住所/東京都渋谷区恵比寿西1-25−9 B1F TEL/0120-09-1803 URL/www.buly1803.com/fr/  
Strawberry Tart
Strawberry Tart
Matina - Jeremy (Sretsis' PR)
Matina - Jeremy (Sretsis' PR)
見た目も美しいケーキ屋 Quil Fait Bon 「スレトシスインからほど近いキルフェボンは東京に来たら必ず立ち寄る場所。定番ものから季節限定まで、どのパイも間違いなく目にも美しく、私たちを必ず満足させてくれるの。どれか1つを選べなくて、3つか4つくらいのフレーバーを頼むとみんなちょっとびっくりしてるみたい(笑)」 (Matina) キルフェボン 青山 住所/東京都港区南青山3-18-5 TEL/03-5414-7741 URL/www.quil-fait-bon.com/  
Beef Sukiyaki
Beef Sukiyaki
Eggplant Shrimp
Eggplant Shrimp
隠れ家的な日本料理店 茶洒 金田中 「表参道にいながら、閑静で隠れ家的な雰囲気が魅力の金田中位置するルーフトップガーデンが気持ちいい、落ち着いて日本食料理が楽しめる場所。ゲストが来たときにぜひ連れて行きたいお店」(Matina) 茶洒 金田中 住所/東京都港区北青山3−6−1 oak omotesando TEL/03-6450-5116 URL/www.kanetanaka.co.jp/restrant/sahsya/  
Kly Breakfast Club
Kly Breakfast Club
BGMのセンスも◎ Breakfast Club 「ブランチで主人と訪れたの。今日のメニューの「茄子の味噌炒め」やMama Luliグラノーラの後にコーヒーをいただき、体に良さそうなメニューとお店の気楽な雰囲気はもちろん、何と言ってもBGMのセレクションがかつて私が大好きだったNYのFlorentを想い起させるものだったわ」(Kly) ブレックファストクラブ 住所/東京都目黒区東山2-2-4 TEL/03-6886-8872  
Peony
Peony
Pim
Pim
花に囲まれてティータイム Aoyama Flower Market TEA HOUSE 「別の世界に足を踏み込んだような気分にさせてくれるから、近くを通ったら必ず立ち寄りたくなってしまうの。青山の喧騒から少し離れ、花に囲まれてティータイムを満喫できる場所」(Pim) 青山フラワーマーケット ティーハウス 住所/東京都港区南青山5-1−2 青山エリービル1F TEL/03-3400-0887 URL/www.afm-teahouse.com/

お出かけスポット、デイ&ナイト

Photos:Kly, Pim and Matina Sukhahuta (Tokyo spots)
Interview & Text:Etsuko Soeda

Magazine

MARCH 2023 N°164

2023.1.27 発売

Free for me

私らしく、自由に

オンライン書店で購入する