都会と別荘地、南欧と中国、ふたつの顔を持つマカオへトリップ | Numero TOKYO - Part 7
Food / Editor's Post

都会と別荘地、南欧と中国、ふたつの顔を持つマカオへトリップ

欧風? アジアン? マカオが生んだローカルフード LOCAL FOOD
欧風? アジアン? マカオが生んだローカルフード LOCAL FOOD
ミックスカルチャーならではの名物料理を食べ歩き
海の幸を生かしたポルトガル料理、香辛料が効いたマカオ料理、そして本場中国料理など、ローカルフードといってもマカオは多種多様。街のあちこちには屋台が立ち並び、夜遅くまでやっているお店が多いのも嬉しいところ。なるべくたくさん食べたい! ということで、屋台をメインに食べ歩きレポート!
1. コラーゲンたっぷりの鶏脚。食べる勇気はありませんでした。 2. マカオ風おでん。うに、えびなど、さまざまな魚肉団子が並ぶ。 3. お土産の定番、杏仁餅。焼きたてはアーモンドの甘い香りが漂う。 4. マカオ名物のジャーキー。ポーク、ビーフほか、味付けもさまざまで、思う存分味見させてくれる。
ミックスカルチャーならではの名物料理を食べ歩き
ミックスカルチャーならではの名物料理を食べ歩き
5. 街の至る所にある、大粒のタピオカ入りドリンクスタンド。20HK$程度でLLサイズ並みのボリューム。一年中熱いマカオにはぴったり。 6. 日本では高級な上海蟹も気軽に屋台で販売。 7. 代表的スイーツと言えばエッグタルト! お店によって多少違うものの、どこも甘さは控えめで生地はサクサク。病み付きになる美味しさ! 8. マカオ風牡蠣のオーブン焼きは、香りが広がるひとくちグラタン。 9. 若者が行列をつくっていたのが、炭火で焼いたポークをバンズに挟んだポークチョップバーガー。かなりボリューミーで満足。
行列の絶えない老舗店の麺
行列の絶えない老舗店の麺

行列の絶えない老舗店の麺
地元の人にも観光客にも人気の老舗の粥麺店、黄枝記。セナド広場の目の前にある支店は常に人で溢れ帰っている。しかし回転も早いのでそれほど待たずに入店できる。人気の海老ワンタン麺(16.5HK$)は、ぷりぷりのエビに透き通ったスープ、竹で打っているという弾力のある細麺。量も軽く、薄味なので軽食にも◎。

Wong Chi Kei
17 Largo do Senado, Macau

試飲も楽しめる中国茶芸の体験レッスン
試飲も楽しめる中国茶芸の体験レッスン

試飲も楽しめる中国茶芸の体験レッスン
聖ポール天主堂跡の近くにあるマカオツーリズム文化活動センターの3階にある中国茶館。中国茶芸の体験や試飲ができる。本格的なものから、おみやげにも良いオシャレな茶器や茶葉が揃う。

Something about tea
2 andar doCentro de Actividades Turisticas e Culturais, S.Paulo Square, Macau
www.somethingabouttea.com

▶ 最初のページへ


Photo & Text:Saori Asaka

Profile

Magazine

MARCH 2023 N°164

2023.1.27 発売

Free for me

私らしく、自由に

オンライン書店で購入する