508
Lifestyle Restaurant
中華料理店「coQere」で味わう
コク、辛味、爽やかな香味を兼ね備えたピリ辛酢豚

今月のディッシュvol.97は「REDな食」をテーマに、おすすめの3軒をご紹介。

Photo : Shuichi Yamakawa
Text : Mika Kitamura
Edit : Yuuka Shiomi

赤のフルーツや野菜に含まれるカロテノイド、ポリフェノールなどは体内抗酸化作用を促し、美容・健康にも効果があると知られ人気に。ビーツや赤唐辛子など注目の“赤い食材”を使ったお料理は、この季節にぴったり。情熱的でスタイリッシュなREDの料理をいただける話題のレストランをご紹介。

#110_dish02-01
「香糟肉塊(シャンザオロゥカイ)」¥1,800

coQere
中華料理と日本酒の見事なマリアージュ

東急目黒線西小山駅から徒歩5分。中国山椒の風味に魅せられ、長年追求している料理人、柘植和志さんのお店「coQere(コクエレ)」がある。こちらのREDな料理は、いわゆるピリ辛酢豚。ハンガリー産マンガリッツァ豚を「酒醸(チュウニャン)」と呼ばれる餅米由来の中国調味料と、紹興酒の香糟(シャンザオ)を使ったたれに漬け込んで揚げ、四川省の朝天唐辛子と万願寺唐辛子、青山椒と炒める。発酵調味料のコクと唐辛子の辛味、青山椒の爽やかな香味の組み合わせ。合わせるお酒は日本酒の古酒。「うちの料理はご飯が欲しくなる味です。ならば、日本酒にも合うはず」。熟成感のある古酒は、山椒の爽快な辛味や赤唐辛子の辛味を中和してくれ、見事なマリアージュとなっている。他では食べられない唯一無二の中国料理。注目店である。

#110_dish02-02

住所/東京都目黒区原町1-16-17 
TEL/03-6303-2543
営業時間/18:30〜24:00(L.O.)
定休日/月・第3火

Recomended Post